シート貼りって何?楽しい待機列

雨にも負けず.jpg

シート貼りというのはスタジアム開門前に入場の順番待ちをするのに、名前、試合名と番号を書いた養生テープなどを貼って場所取りをすることです。
クラブによってルールが決まっていて、シート貼りが禁止されているクラブもあったりするので、詳しくはクラブのホームページなどで確認されることをお勧めします。

ルールを守るのはすごく大事で、サポーターの誇りでもあります。
ルールやマナーを守ることでJリーグを支え続けてきた歴史があるので、古き良きJリーグサポーターはルールを大事にしますしそれもサポーターの魅力の一つですね。

さて小生が横浜に住んでいた頃はシート貼りなんてしたことはありませんでした。
何せ日産スタジアムは7万人入る日本一のスタジアムなので大抵フラフラと試合開始前に行けば席の一つや二つは空いているので、場所を選ばなければ、困ることはなかったからです。

転機は、子供がゴール裏に行って見たいと言ったこと。
初めて、ゴール裏で観戦した日から小生のアクティビティは観戦から応援に変わりました。

ゴール裏に席を取るということになると話はすこしかわってきます。
特に日産スタジアムならまだしも、ニッパツ三ツ沢ということになるとシート貼りなくして、ゴール裏に席を取るのは至難の技。
しかし、ゴール裏で応援する魅力にとりつかれた小生にとっては、もはやバックスタンドで観戦するだけでは満足できなくなってしまいました。

その頃には子供の通学の関係で横浜から東京に引っ越していたので、前日仕事が終わった後にシート貼りに行ったり、当日の早朝にシート貼りに行ったりしてたので、結構な負担になってたのですが、そんな時小生の前に救世主が現れます。

「うちのシートに入りませんか?」
ある日、ハマトラSNSで小生の日記を読んだ方からメッセージが届きます。
「スタジアムまで2時間近くかけてくるのにシート貼りまでって大変でしょ?
マリノスのシート貼りは1シート10名までなので、私のシートに入られれば。」
とお誘いをいただいたのです。

あれから3年、小生は今もその方のお世話になっており、その方のシートには毎試合6名から9名くらいのシート仲間が集まります。マリノス談義に花を咲かせるようになりました。
入場後は、皆さん自分たちのお気に入りの席に散らばって行きます。

立派な会社にお勤めのしっかりした方なので(応援の時の気迫はともかく)お礼も取られないのですが、代わりに、アウェイでFC東京戦や大宮戦の時などには小生が先に行ってシート貼りをするなどしてお返ししています。
シート貼りには、小生はいつも

なんせ目立つのですぐ見つかります。


この記事へのコメント

  • マリノス幸助

    シート貼りは、東京、埼玉、千葉にお住いのサポータには無理なことなので、地元横浜に住んでいる人が、そのような人たちにも、公平に、自分の好きなところで応援してもらいたいと思っています。
    2017年03月21日 22:45

この記事へのトラックバック