サポバスを使ってアウェイに行こう。

地方遠征をする!ということになると、交通手段を考える必要が出てくる。
遠方ほど金銭的な負担は大きくなるし、場所やキックオフの時間によっては宿も探さなきゃならない。
自分で自動車で運転される方、その自動車に乗せてもらう方、小生からすると、がんばるなー。と思ってしまう。
こんな時、小生の強い見方が、”サポバス”である。
サポーターグループがバスを借りて、一緒にアウェイに遠征する有志を募って、これに乗せてもらう。
支払いは現金(カードは不可w)だし、会社が営業目的でやっているわけではないので、信用という面で最初は大丈夫か?という不安を持つ人もいるかもしれない。
しかし、乗せるほうも、ある程度広く公募するわけで、ドタキャンなんてされてしまっては、その席をうめることはできなくなり、成り立たなくなるわけだから、これって乗せるほう、
乗せてもらうほうお互い信頼関係があって成り立っている。
営利目的ではなく、見ず知らずの人同士で一つの目的のためにバスに乗り込む。これはサポーター同士の暗黙の信頼関係で成り立っているよね。すごいと思う。

近年、マリノスサポで遠征のサポバスツアーを企画してくれているのが
の3グループで、何らかの形で小生も毎年お世話になっている。

サポバスのメリットは、格安で行けることと、スタジアムまで直行で行ってくれること。
デメリットは逆にスタジアムまでで途中下車はできないこと。人気のバスはあっという間に埋まってしまうこと。
例えば、自分だけがその土地で興味のあるお店に立ち寄ろうと思っても、それは無理なのでそういう場合は自力で行っちゃって自由にその土地を楽しんだほうが絶対良いと思う。
逆に、そのスタジアム近辺や途中のサービスエリア等でグルメも十分楽しめる!って場合はサポバスを利用しない手はないと思う。
今年も早速、
屋祢下さんがルヴァンカップのアウェイ甲府戦、J1アウェイ清水戦でサポバスの案内を出されており、すでに清水戦は満席。
ブルーカードさんもJ1清水戦でサポバスを検討中とのこと。
それぞれのWebページや、HamatraSNS で応募されるので乗ってみようという方は早めに応募されることを推奨します。
今年も、磐田戦や新潟戦でサポバスが出るととっても嬉しいと思っている今日この頃です。


ビッグスワン.jpg
あと、中部以西、東北以北の地方遠征でサポバスが出ることはさすがにないので、こちらについては、また別の機会に安くいく方法を紹介しようと思う。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック