【ひかりの海苔巻き卵焼き@稲荷市場】アウェイ神戸戦お勧めグルメ1

気が付けば、アウェイ神戸戦まで一ヶ月を切っている。
今年は、日曜日の18時30分キックオフということで、とっても微妙で月曜日に仕事があるって方は、ちょっと無理っぽい時間帯。中には月曜日にお休みを取ってという方もいるのかもしれない。

さて、神戸で名物と言えば、神戸牛が有名かとは思うけど、折角神戸に行ったのだから神戸牛を食べる。というのは個人的にあまりお勧めしない。
理由は簡単。
神戸の人々は高級神戸牛を生産して出荷する立場ではあるものの 日常はさほど神戸牛を食べるわけではない。
神戸牛のステーキの有名な店はいくつもあるし、お客様も結構入っているけど、 お値段は高止まりをしていて東京で食べる神戸牛ステーキ・ロスやサンフランシスコで食べる神戸牛ステーキと価格帯はそれほど変わらない。
つまり神戸牛を美味しく焼き上げて提供してくれるお店で食べるのが一番ということで、それが神戸か?というと美味しい神戸牛ステーキは関東で食べたほうがいいんじゃないか?と思うのである。

ならば、神戸で何を食べるのが良いか?
何を隠そう、神戸は安くて美味いB級グルメの宝庫である。地元で生まれ、地元で愛され、関東や全国に出店する店もあるが、地元でしか知られることなく、地元でしか食べれないものも数多い。

小生が知る、そんな神戸B級グルメの雄がこの海苔巻き卵焼きである。
ハーバーランドから新開地方面に少し歩いた、稲荷市場界隈、少なくとも2年前に行った際もいまだ阪神大震災の傷跡を感じずにはいられない。商店の殆どがシャッターを閉じているが、その中でお好み焼きのゆかりは元気に営業していて、地元の人たちがランチやおやつにお好み焼きを食べにくる。
地元のお客さんは、メニューにないそれぞれ独自の注文をする人も多く、お店のおばちゃんもそれを難なくこなしている。

さて、海苔巻き卵焼きだが、鉄板の上で大きな焼き海苔をあぶりその上に焼き上がったどろ焼きをおいてくるくると巻いて適当なサイズに切ってくれたもの。ソースや紅生姜をお好みでかけて、一切れずつ違う味を楽しむことができる。
これほどまでに完成度の高いしかも地元ならではのB級グルメはないかもしれない。
神戸のりたまごやき.jpg

ハーバーランドで観光をしている人が少し足を延ばせば来れる距離ではあるので、機会があれば足を運んでみても良いかもしれない。
すくなくとも、小生はこの店でトリコロールのユニフォームを着た人はもちろんのこと、観光客らしき人が食べに来ているのは見たことはないし、この店の店主も、決してこの店を観光客でいっぱいにしたいなどと思ってないかもしれないが。

ひかりお好み焼き / ハーバーランド駅神戸駅高速神戸駅
昼総合点★★★★ 4.5

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック