【ひらがな館のミンチカツ@京都・元田中】アウェイお勧めグルメ

京都の出町柳から元田中にかけては京大生の町。京都大学の学生が利用する飲食店がしのぎを削っているが他の学生街のレベルをはるかに超える。
アイディアにとんだ店内も小綺麗にしている店が多く、せっかく京都に来たのだから家族で食事といった時に京都の観光客向けの店に行くより、決して高級な食材を使っているわけでは無いが愛情とアイディアでいっぱいの昔ながらの京大生御用達の店を予約した方がコストパフォーマンスもよく満足度も高い。
神戸戦前日京都での夕食は、京大生行きつけの安くて美味くて小綺麗な店を予約しようとしたのだが、1店舗目は、当日イベントで予約が取れず2店舗目3店舗目は予約満席、4店舗目でようやく予約が取れたのが、このひらがな館。
京都に多い洋食屋さんだが比較的安くてオリジナルメニューも豊富。
セピア色の照明の店内で静かでゆっくり食事ができる。
因みに今回の訪問では我が家族以外のお客さんは見事に全員京大生(院生含む)でした。
お勧めメニューはハンバーグとミンチカツだが、結局家族全員いろんなミンチカツを選んでシェアした。
女性はライスのお代わり自由だが男性は有料という不思議なシステムで小生は大盛りをプラス150円で頼んだがそれでも1000円を切る。
定食についてくるサラダは大きめのボールにこんもり盛られていてボリュームはあるしドレッシングが秀逸。
IMG_2946.JPG
出て来た大盛りライスを見てその量にビックリ。こりゃ150円プラスも仕方あるまい。
IMG_2951.JPG
ミンチカツはどれもこれもすごく美味しかったが、中でもしそミンチは想像を超えたもので家族で絶大な人気だった。

ミンチカツの上から和風あんがかかっていてしそでアクセントを付けている。
ミンチカツに和風あんかけという発想そのものが斬新だが一口いただくとハマる。
IMG_2952.JPG
次回は一人で一皿頂きたい。

この記事へのコメント