【自家製麺伊藤@赤羽駅前】試合後の至福の一杯

埼玉スタジアムからの帰り道は、埼玉高速鉄道の赤羽岩渕駅からJR赤羽駅までは徒歩で移動。
途中にある商店街には飲み屋が軒を連ねる、
昭和の下町独特の雰囲気を楽しみながらあるく。
自家製麺伊藤は赤羽駅前にあるラーメン専門店。
IMG_5014.JPG

路地に入ったところに引き戸があり、中はカウンター一枚の狭い店内。
カウンター隅の自動販売機で食券を購入。
中華そば大・中・小か、それとも、肉そば大・中・小か?
おなかがすいていたので、肉そば大(950円)を注文。
店内を動き回ることはできず食券を買うのも苦労しそうだが着席すると、セピア色の照明の中で静かに座って丼を待つ自分たちが特別の場所にいるような錯覚を覚える。
しばらくして着丼。少な目のスープにストレートの麺、チャーシュー ネギのシンプルなビジュアル。
IMG_5022.JPG
スープを一口すすってびっくり、これは煮干しのだしが素晴らしい。
煮干しの強い、それでもガツン系ではない優しい香りと味が口いっぱいに広がります。
細くて硬めのストレート麺をスープでしっかりあったまった丼の底から救い上げていただくそれがとてつもなく美味い。
具は、ネギとチャーシューだけだけど、チャーシューさえそれほど欲しいと思わない。
このラーメンは麺とスープだけで職人が勝負している。
これは、中華そば小。で良かった。
恐らく赤羽駅前の居酒屋で飲んだ帰りの〆に中華そば(小)を頂きに来る方が多いのだろうなと推測する。
これぞ、職人による究極の一杯。である。

この記事へのコメント