【比叡山坂本に行ってきました。】サポーターのオフ

今年の元旦は埼玉スタジアム2002で天皇杯の決勝戦!

ということで、お正月の家族旅行は基本的にないものの、年末も押し迫ったころ、知り合いサポーターさんから

「シート貼りは当方でやるので、来年のマリノスライフの為にも年末はしっかり家族サービスをしてください。」

という大変ありがたいメールをいただきました。

本当にありがとうございます。

短い冬休みですが、京都を経由して一度行ってみたかった比叡山坂本を子供たちと回ってきました。

ちなみに、メールを見たときには既に京都に到着しておりました。。。

年末に比叡山にいくと友達にいった娘は「しゅ、修行??!」と言われたそうですが、いやいや、行ってみて思いましたが、冬の比叡山、なかなかもってよかったです。


京都駅から比叡山坂本駅までは、JR西日本の在来線で二駅、ケーブルカーの坂本駅までしばし歩くのですが、この街、穴太衆積みのまちと言われるだけあって、街並みに石垣がしっくりとはいってきて、これが美しい。


 坂元石垣.jpg

坂本ケーブルは、ケーブル坂本駅からケーブル比叡山駅まで、11分ほど急こう配をぐいぐい登っていく。

坂元ケーブル.jpg

車窓から眺める、渓谷、そして木々の間から見える琵琶湖がすばらしい。

 トンネルを越えると線路には雪が。昨晩京都で振っていた雨はこちらでは雪となっていたらしいです。

坂元ケーブル2.jpg

ケーブル比叡山駅から比叡山延暦寺までは、徒歩で10分ほどか? 原始林の中を整備された道を少し歩けば、到着するので、子供でも全然大丈夫です。

てか、便利すぎて全く修行になりませんw

消防車.jpg 

延暦寺入口にある消防車。

「これなら、次に信長が攻めてきてもン大丈夫だ!」と、うちの子。


さて延暦寺阿弥陀堂から見る景色は絶景です。

 阿弥陀堂から琵琶湖.jpg

下山後、日吉大社と西教寺にも立ち寄りました。

ここには、明智光秀一族のお墓があります。

明智光秀お墓.jpg

明智光秀はいったい何を思って、織田信長を討ったのでしょうか?

色々な説はあり、研究もされてはいるものの、真実は本人にしかわからないのでしょうね。


小生はそのあたり詮索をすることなく。横浜Fマリノスを信じて応援するだけ!

(関係ないかー。)

知り合いサポーターの皆さん、シート貼りありがとうございました。

今京都から新幹線に乗車しました。

明日は予定通り埼玉スタジアムに参戦いたします。


この記事へのコメント