【全国高校サッカー選手権@等々力に行ってきた。】サポーターのオフ

1月3日は第96回全国高校サッカー選手権の3回戦。
開場は、浦和駒沢・フクダアリーナ・駒場・等々力の4会場なのだけど、今回は等々力に行くことに。
理由は以下。
1.等々力陸上競技場は、交通費が一番安いし一度メインスタジアムで観戦してみたかった。
2.Jリーグ不毛の奈良県で、市立高校でありながら2年連続3回戦進出の一条高校、是非4回戦進出してほしい。
3.Jリーグに内定している前橋育英の松田陸(ガンバ)渡邊泰基(新潟)はどんな選手か見てみたかった。

改築されてからの等々力メインスタジアムに足を踏み入れたのは、先般の天皇杯準決勝に次いで2度目。
メインスタジアム1Fの中央近くを陣取った。もちろんメインスタジアムの座席での観戦はお初です。
いや、これは見やすい。ピッチは想定以上に近くしかも全体が見渡せる。

IMG_6122.JPG

それにしても、さっサブイ。。
気温が低いのは仕方ないのだが、冷たい横風がビュービュー吹いてくる。
屋根の下にいるのだけれど、空洞がいたるところにあるので、むしろメインスタジアムの方がゴール裏より風は強いのではなかろうか。。
ハーフタイム・試合前後でトイレに4回も行ってしまいました。

第一試合は 奈良の一条高校VS米子北
IMG_6140.JPG

一条高校のDF3番、酒本哲太がすごく良い。
DF2番3番4番が、確実に米子北の攻撃の芽を摘んでいく。
オフェンスは米子北よりも確かに弱いが、ワンチャンスをものにすれば、勝てる可能性は確実にあると思った。
前半は0-0で折り返し。
しかし、後半押し込まれる展開でついにゴールを許してしまうと、バランスが崩れ結果は0-3の完敗となった。
それでも、普通の市立高校でありながら、桐蔭学園を破ってここかで来た一条高校を讃えたい。

第一試合終了後身体が冷え切ってしまったので、山田うどんをいただくことに。
きつねうどん、てんぷらうどんはすでに売り切れとなっていたのでパンチうどん(いわゆるもつ煮うどん)を注文。
うどんにモツをのせて、スープを注いでくれたものに、七味をかけてイッキにいただきます。
こういう日はその場で熱いうちにさっさと頂くべし。自席にもっていく間に冷めてしまいます。
IMG_6151.JPG

第二試合は前橋育英VS富山一高
いずれも高校サッカーでは強豪校。中でも松田陸と渡邊泰基のプレーは確かに群を抜いている。
試合は一進一退でなかなかお互いゴールは決まらず。
渡邊のロングスローインは秀逸で何度もチャンスを作るのだが、フォワードはこれを決めきれず、時間は刻々と過ぎていく。
後半40分のチャンス、前橋のフォワード10番飯島陸のシュートもゴールポストに阻まれ、あわやPK戦かと思ったが、
アディッショナルタイムのこぼれ球チャンスを飯島陸は逃さずシュートし、ゴールを決めた。
この飯島陸という選手、もっているかも。。
IMG_6136.JPG

いやはや、堪能しましたが、やっぱりサッカーは立って大声上げてひいきのチームを応援するのが一番ではありますね。
寒さも吹き飛ぶし。

それでもお休みの日に入場料1300円で等々力のメインスタジアムで2試合見れる高校サッカー3回戦。
コストパフォーマンスはいいと思う。

この記事へのコメント