2018J1リーグ第14節ホームG大阪戦観戦記【勝ち切れませんなぁ。】

今日は勝たないと!試合開始前から、ゴール裏は気合十分
IMG_9425.JPG
試合開始早々、ガンバの布陣に目を見張った。
ヤットさんが、センターフォワード?
ファビオがボランチ?
長澤は左にスライド。
向こうの監督はどんな作戦で来るのか?
ちょっとよくわかんないぞ。

試合の入りは決して悪くなかったし、圧倒しているかに見えた。
ポゼッションは相変わらず高い。
ただガンバを崩しているという実感がない。
敵陣に入っているものの相手のブロックが崩せない印象。
コーナーのチャンスは多かったが、ガンバのディフェンスは高さがあるので合わせるのがむつかしい。
綺麗に崩せたのは仲川のシュートだけではなかっただろうか。
ガンバはディフェンス3枚とボランチ2枚が守備を徹底した展開となる。
特に13番の動きが良い。
前半を0-0に抑えられたのは、ガンバの作戦通りか?後半手を打とうとしているのではないか?


なんて話しをしていると後半今野に変えて藤本淳吾を入れてくる。
それにしてもガンバの攻撃にはさほど迫力がない。
しかし取られ方が悪く、あっという間に長いループシュートを決められ先制される。
これは精神的に悪い。
その後のマリノスは落ち着こうとするも、ガンバのプレスは強くなりリズムはガンバにかたむきつつあった。
あまじゅんのゴールがなかったとしたら、ぞっとする。
今日、ドローで済んだのはこのゴールで追いつくことにより、ペースをマリノスに引き戻すことができたからである。
このタイミングで今節も2枚替え。
ウーゴと大津を下げて、ブマルと渓太?ってむむむ? この布陣で点数とれるんだろか?

試合終盤までマリノスがボールを持つ時間は極めて長かった。
しかし、チャンスを決めきれず、今節もドロー。
勝てませんなぁ。てか、決めきる癖をつけないと。
安い失点、決めきれない攻撃はいつまで続くのか?

試合終了後ゴール裏、今年初めて拍手をブーイングが上回ったように感じる。
それでも、ビジターゴール裏のブーイングと比較すると可愛いものである。
マリノスのサポーターは優しいのかしら。
IMG_9451 (2).JPG

あまじゅん、美しいフリーキックをありがとう。
今日の収穫はこれだけだったかな。

この記事へのコメント