ニューヒーローけいた

2018年ルヴァンカップのニューヒーロー賞に遠藤渓太が選ばれたのは小生にとってちょっとしたサプライズだった。

過去にこの賞を受賞している選手は受賞時確かに若手の中で少し抜きん出ている選手が選ばれており、その後もビッグになっている選手が多い。

ルヴァンカップが始まった当初の遠藤渓太はマリノスの左サイドを任せるには未だ小粒で、判断に迷いもあった。
この時点で渓太が、ニューヒーロー賞を受賞するとは夢にも思わなかった。
ただ、どうしたものだろう、このところの渓太を見ているとなんだか吹っ切れた感が半端なく、堂々と闘っている感じが定着して来ている。
前節のガンバ戦、怪我による退場の折の小生の落胆は、彼の成長をどこかで認めている証だろう。

それでもルヴァンでゴールを決めていない渓太の受賞は出来過ぎかな。

ひとえに、この間の渓太の成長とマリノスのチームとしての成長はリンクしていて、仲川の覚醒で相手選手が右サイドのケアが必然となったことも、ウーゴや翔さんの決定力も、アタッキングフットボールが定着して来たことも、そしてサポーターの後押しも渓太の受賞とは無縁では無い。
これは選手やスタッフを含めたマリノスの関係者が後押ししての受賞だと思う。

渓太、おめでとう。

IMG_4001 (2).JPG

でもまだまだ、これからだぞー!


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

この記事へのコメント