2018J1参入プレーオフ第2戦観戦記byDAZN【ベルディが横浜FC戦を制す。】

2018J1リーグは終了したが、いまだ、来年のJ1リーグの顔触れは揃っていない。
プレーオフでジュビロと戦うのはどこか?

選手にはなんの恨みもないけれど、あんな横浜FCみたいなクラブがJ1に来るのははちょっとやだなぁ。
ということになると、ヴェルディに勝ってもらいたいとは思うのだけれど、この一年たまにちらちらと試合を見ていた感じでは今年の横浜FCは強いぞ。。
昨日の千秋楽でちょっと気落ちはしていたのだけれど、DAZNで観戦。
試合は明らかに横浜FCのペース。チャンスは何度もやってくる。
ヴェルディのエースである林にボールが入るケースは決して多くはないし、地力も横浜FCの方が上とであることは否めない。
実際のところはイバの存在が大きすぎる。守備攻撃いずれにおいてもピッチの要となり、横浜FCの戦術をコントロールしている。

しかし、監督のロティーナはなかなかの策士であると見た。
後半に入って、梶川とレアンドロに2枚替えと先手を打つが、これでリズムが生まれ停滞していた攻撃の潤滑油となった。
その後もピンチを何度か迎えるも、横浜FCの攻撃は最後の精度に欠けゴールを決めることができないも、引き分けであれば勝ち上がることができる横浜FCと
勝たなければ勝ちあがることができないヴェルディの意地の差がアディッショナルタイムの奇跡を生んだのだと思う。

佐藤優平と奈良輪雄太が元気でプレーしていて何より。
佐藤優平はなんかひとまわり大きくなった感じがするし、奈良輪も貫禄が出てうまくなった印象。
がっくりと肩を落とす横浜FCの選手たちと対照的にニッパツ三ツ沢に碧の旗が小躍りするように舞う。

2018J1参入プレーオフ決定戦はジュビロとヴェルディの闘い。
12月8日ヤマハスタジアムで開催される。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

この記事へのコメント