寂光院と大原山荘の足湯カフェ【ガンバ大阪遠征でプチ京都観光】


大原のバス停から三千院と逆の方向に歩くと大原盆地が開け、その先に建礼門院ゆかりのお寺寂光院がある。
平家が滅びたのち建礼門院徳子はこの大原の地で終生を過ごしたお寺。

IMG_6627 (2).JPG

御陵もこの地にある。雪の大原、御陵に登るとそこからは大原盆地を一望することができ、冬であってもその風景は素晴らしい。

IMG_6626.JPG

華やかな京都の中心地からこちらに映り、建礼門院徳子は本当に寂しかったであろうという人も居るのだけれど、果たしてそうだろうか、この地でこの地の人たちと第二の人生をすごすごとはさほど寂しくはなかったのではないか。
だからこそこの大原を一望できる場所で過ごし、墓もあるのではと勝手に平安に想いを馳せた。

さて、さすがにこの時期の大原は寒いのだけれど、ここは京都の温泉地で、温泉旅館も存在する。
J1リーグの試合は土曜日なので、大原に日曜立ち寄り温泉旅館に泊まることはむつかしいが、寂光院からすぐの大原山荘には足湯にどっぷりつかりながらお茶を飲める喫茶店がある。

IMG_6630 (2).JPG

珈琲一杯で700円とちょっと。
足を拭くタオルも貸してくれて体が芯から温まり疲れも取れるので、それを考えるとこのお値段とってもリーズナブルだと思う。
雪なんかが降った日は、大原の風景はさらに映え、本当に美しく来てよかったと思う反面、足元は更に冷たくなっているので、こちらでしっかり温まって、京都の中心地に降りると良い。

IMG_6629 (2).JPG


通販でも食べれる京都のお勧めグルメ】
         ↓↓↓



この記事へのコメント