2019J1リーグ開幕戦セレッソ大阪vsヴィッセル神戸観戦記 by DAZN

2019J1リーグの開幕試合は、セレッソ大阪とヴィッセル神戸の関西決戦のみが金曜日に開催され、なんどか試合開始ギリでDAZN観戦に間に合った。
ヴィッセル神戸の外国人3選手、ヴィジャ・イニエスタ・ポドルスキーのことを”VIP”と言うらしい。
世界でも有数の選手を3名もクラブオーナーの資本力で召還したのだから、今年のJ1リーグにとってもこの3人によるプレーは目玉だろうし、観客も彼らのプレーを楽しみにしているに違いない。
選手の年棒で考えると、今のマリノスには到底出来ない芸当である。
片や、セレッソ大阪は昨年の主力が大量に他チームに移籍したものの相応な補強を的確にしている感はあるものの、流石にVIPほどの派手さはない。
ピンクのユニフォームを脱ぐことはないだろうと思っていた山口蛍が神戸にいる。
この試合、セレッソに軍配が上がると予想したアテンダンスはいったいどの程度いたのだろう。
前半は、神戸の圧倒的支配力に、セレッソ大阪が苦戦しているようにも見えた。
ヴィジャのプレーは流石ヴィジャ、ディスプレイの前で、おお。とため息がでる。
ボールを支配し、ゴールを脅かしている。
しかし、何というのだろう、セレッソは自陣に攻め込まれているように見えるものの守備のポジショニングが美しく、隙を見せることは少しもなかった。
完璧な決定機を作らせなかったのか、精度が書けたのか、これだけボールを支配しながら試合が動くことなくHTを迎える。
マリノスサポーターの小生は セレッソとヴィッセル、特にどちらが好きと言うわけではないのだけれど試合を見ているうちにセレッソのやらせない守備に徐々に見せられるようになっている。

そして後半試合は徐々にセレッソに流れが変わっていく。
都倉が入った後は完全に流れがセレッソに変わった。
ヴィッセル神戸の守備陣がドタバタする。
セットプレーからのヘディングで試合が動いたのはセレッソのゴールだった。
面白い!やっぱりサッカーはこうでなくっちゃ!
試合は1-0でセレッソの勝利。
オッオッオッオオオーオ、おーさか桜満開♪
アウェイセレッソ戦、敗退して何度も聞かされた試合後のこの歌、いつもは気分が悪くなるのだが今日はなんだか違って聞こえる。
下馬評を覆すJ1リーグ開幕戦。今年も何が起こるかわからないぞー。
さあ、マリノスの開幕戦は明日、セレッソに続こう!


この記事へのコメント