立ち食いそばの話(食いしん坊のマリノスサポーターにとって)

立ち食いそばの話(食いしん坊のマリノスサポーターにとって)

江戸の時代に生まれた立ち食いそばは明治に入って駅そばに繋がり一時期衰退の一途を辿ったものの未だ大衆の胃袋を支えている。
JR東日本管区の駅構内にある駅そばは統合が進み個人店舗は随分減ったけれど独自の出汁やトッピングで昔からの暖簾を守っている店も首都圏ではまだまだ残っている。
そもそも、手打ち・打ち立ての蕎麦を提供するにはオペレーションとして無理があり茹で麺を提供してきたこと、駅弁や洋食などを本業とした業者が駅に展開していた歴史から、未だ名店として人気のある店は麺そのものより出汁やトッピングで勝負をしている店が多そうだ。

さて、マリノスサポーターにとって早朝から開店し、ワンコイン以内で食べれる立ち食いそば屋は、デイゲーム当日の朝ごはん、サポバスの集合時間前の腹ごしらえ、平日ナイターで夕食を取り損ねた折などなど使い勝手は良いし、せっかく食べるなら美味い蕎麦を頂きたい。

そんな小生の食いしん坊な想いを、得意の出汁やトッピングで叶えてくれる立ち食いそば屋が横浜にもいくつか存在することは至福の喜びなのだ。

何せ 新橋 横浜(現在の桜木町)は日本初の営業路線でしかも当初から物流よりも旅客収入が圧倒的に上回っていたことは(なんの裏付けもないものの)駅そばの歴史とは無関係ではないと思う。
いや、やっぱりあんま関係ないかも。。

IMG_8486.JPG
住所 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1丁目6-15-606 東神奈川駅上りホーム
営業時間 [月〜金] 6:15〜22:10 [土] 6:15〜21:30 [日・祝] 10:00〜15:00


IMG_8244 (2).JPG
住所 神奈川県横浜市中区桜木町1-1 桜木町駅構内
営業時間 6:30~20:00(L.O.19:50) 日曜営業

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

この記事へのコメント