2019J1リーグ第3節ホームvs川崎戦観戦記【勝ったかのようなドロー】

2019J1リーグ第3節ホームvs川崎戦観戦記【勝ったかのようなドロー】

IMG_8769.JPG

試合は2-2の引き分けだったが、試合後のゴール裏は明るく笑顔もいっぱい、「錨を上げろ」のチャントの熱量は高く、まるで勝ったかのよう。
試合後ゴール裏のサポーターはこの試合で闘ったマリノスの戦士達を称え鼓舞し選手やスタッフの姿が見えなくなるまで席を立つ者は居なかった。
貴重な勝点1を得た喜びを分かち合う、そんな試合は滅多にない。

IMG_8792.JPG

試合前、小生は今年の川崎を理解できずにいた。
今年も川崎はスロースタートなんだろうか、それとも?公式戦ではまだ勝ち星は上げておらず、とはいうものの、他のゲームでも試合の主導権を握っていると聞く。
地力の高い2連覇チャンピオンなのだから相手として不気味である。

IMG_8688.JPG

しかし、試合が始まってすぐに気づいた。
川崎はやはり強いのだ。
パスの精度や球際の強さが仙台やガンバのそれとは明らかに違う。
前半4分の失点もイージーに見えた観客もいるかもしれないが、小生には川崎が上手いと見えた。
マリノスのボールはカットされチャンスの数はいつもほど多く作れていない。
むしろ攻め込まれる時間が長かったかもしれない。
個の能力では川崎が上回っていたが、組織力でカバーしその後はゴールを割らせない。
マルコスジュニオールのゴールで前半は1-1で折り返し。
後半難しい闘いになることが予想された。
次のゴールを取ったチームが勝つことになるだろうと。
その後マリノスはピンチを凌ぎ続けたが、88分レアンドロ・ダミアンに今日2点目をヘッドで叩き込まれる。
この状況から取り戻すのは至難の技だろうし、川崎もこの瞬間勝利を確信したかもしれない。
それでも残り数分マリノスの戦士達はマリノスのサッカーを続け果敢に挑んだ。

アディッショナルタイムのあまじゅんのコーナーキックは渾身の一振り、そして扇原のヘッドは渾身の一撃だった。
震えるような観客の怒涛の雄叫びと共に試合終了。
こんなに広いスタジアムなのに川崎の選手とサポーターが肩を落とすのがわかった。
マリノスに明るい未来が待っているに違いない、そう思えるような素晴らしい試合だった。

IMG_8798.JPG


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

この記事へのコメント