2019ルヴァン杯GS第5節アウェイvs札幌戦観戦記byスカパー【メシよりマリノス】

2019ルヴァン杯GS第5節アウェイvs札幌戦観戦記byスカパー【メシよりマリノス】

ゴールデンウィーク終了すぐの平日19:00からの札幌厚別って絶対無理なのはわかっていたが、19:00の試合をオンエアで見るとなるとさすがに手段は限られる。
都内のスポーツバーに駆け込むにしても、ルヴァンのグループリーグを放映してくれるところは現状見つけることができていないので、19時に帰宅するしか方法はないわけでとは言うものの小生にとってはこれは大変なチャレンジとなる。
外出直帰で考えていたものの客先を出た時点で19時に家に着くのは無理と判断。
とはいうもののこの試合勝つか負けるかで今後のルヴァンの展開は天国と地獄ほどの差がある重要な試合。
チームは上昇気流に乗り始めているものの今年に入って札幌には煮え湯を飲まされるような敗退を喫しており、札幌だって好調そのもの。
ペトロヴィッチ監督の手腕やいかに、相手選手はどう出てくるのか?
李忠成やイッペイシノズカには是非ゴールをとってリーグへの足掛かりにしてほしいし、あわよくば山谷もそろそろゴールが取れれば。
なんて、これを見ずして今夜は眠れまい。
ちょっと遠めの駅から自宅までこの時間にタクシーを飛ばして帰宅するなんて何年振りか、いや初めてかもって贅沢をし帰宅後、背広を脱ぎ捨てパジャパに着替えながらディスプレイにかじりついた。
このだらしない所作とスピーカーから流れ出す大音量にしかめっ面のカミさん「何やってんの!今日は晩御飯抜きだからね!」と怒鳴る声が、松原のゴールに唸る自分の地声にかき消される。

「いいもん、いいもん、飯よりマリノス!」
思わず口走ってしまったが、明らかにあきれている気配を背中で感じる。

前半、1-0で折り返す。
15分のハーフタイムに風呂に入る間も気が気で仕方がない。
後半、ペトロビッチ監督は確実にチャナティップを入れてくるであろう。
チャナティップの怖さを肌で感じたのはほんの3週間前のJ1リーグアウェイ札幌戦の時のことで、年々各段に札幌で進化している。

後半最初のゴールは李忠成の移籍初ゴール。
この時点で札幌はルーカスとチャナティップの二枚替え、やはり来たか。
それにしてもチャナティップはいつからこれほど存在感とスピードを併せ持つ選手に成長したのか、札幌もいい選手をゲットしたと思う。

そんな中でも扇原のカットアンドパスが素晴らしくイッペイのゴールが決まる。
最後は相手のミスから山谷までゴールを奪って、ケチャドバ状態、4-0の快勝。
見たいもの全部見れましたがな。
気付いてみると、ルヴァンAグループで首位に立った。
とっても素晴らしいのはいいんだけど、中2日で、またもアウェイで今度はC大阪戦、連戦の中での畠中とチアゴは大丈夫かしら。。

いや~、良かった、腹減った。。試合が終わったらマリノスよりメシなんだけど、カミさんは口を利いてくれる気配はなく、自室でふてくされて布団にくるまっている。
やば、マジで晩御飯抜き?

。。。カップラーメン、買いにいこ。。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

<マリノス選手 チャント原曲>
  畠中慎之輔     天野純     扇原貴宏      

   仲川輝人     松原健

この記事へのコメント