【オギノパンの丹沢あんぱん】ホームタウンお勧めグルメ<横浜駅>

オギノパンの丹沢あんぱん】ホームタウンお勧めグルメ<横浜駅>

横浜駅からニッパツ三ツ沢球技場まではバスでの移動がとても便利。
横浜駅から10分程度で到着出来る。

このバスに乗る際 横浜駅の地下からバス乗り場にアプローチするわけだが、バス乗り場に上がる手前にあるダイヤキッチンに相模原のオギノパンが出店している。
IMG_6117.JPG
元々オギノパンは学校給食のパンを作っている会社なので、この店ではコッペパンなんかも販売しているのだが、食パン、調理パンなど種類が豊富。
その中でも一際人気のあるのが丹沢あんぱんで1つ150円。
サイズは子供の握りこぶしほどとかなり小ぶりなのだが、ずしりと重い。
餡子を包むパンの皮は極めて薄く、餡子はしっかりたっぷり入っていてこれはほとんど和菓子の領域。

IMG_6121.JPG

ただ一口頬張るとこのパンの皮がすごく美味い。
ほんのりとしたバターと牛乳の風味が、餡子の甘さを引き立てる。
この餡子を美味しくいただくには、このパンでなければならないのだと納得感がある。
素材や製造法に自信を持っているとは聞いていたが流石です。

IMG_6118.JPG
ニッパツ三ツ沢での試合当日に、スタジアムで軽食代わり、おやつ用としてテイクアウトするのがお勧め。

この記事へのコメント