【今年も遠征でやってくる男子セレッソサポーターの”君”に告ぐ】

【今年も遠征でやってくる男子セレッソサポーターの”君”に告ぐ】

IMG_5869.JPG

小生の娘の同級生で2018J1リーグのマリノスvsセレッソ戦で遠征したセレッソサポーターの君!
昨年の日産スタジアムでのマリノスvsセレッソ戦で勝った後、浮かれて横浜中華街の某バイキングの店で祝勝会をやったそうだな?
そう、「え?俺?」と思っている君だ。
千秋楽にマリノスが負けてホームゴール裏で悲しんでいるうちの娘のスマートフォンにビジターゴール裏から「これから、中華街で祝勝会♪」とメッセージを入れてきただろ?

食い倒れの街、浪速の男児がなんと情け無い。

確かに昨年、ウチは負けた。
それは認めよう。
浮かれて中華街で祝勝会をするのもまあ良かろう。
しかし、よりにもよってあの某バイキングの店で腹一杯食って横浜中華街を堪能された気になられては関西出身、身も心も横浜F・マリノスにささげた小生としては我慢がならん。
中国三千年の食文化と日本の伝統食文化を併せ持つ横浜中華の奥の深さは、それはそれは深く浪速の食文化をも圧倒するのだ。
神奈川全域に広がった結果神奈川県内の街中華のレベルも全国的に極めて高いのだ。

にも拘わらず、食にプライドを持つべき浪速の男児がよりにもよってな~~んで観光客目当てのあのバイキング店に行っちゃうかなぁ。。。

ろくに中華街のことを調べもせずに横浜まで来てしまったんだろ?
横浜中華はその店にしかないその店の名物を食ってこそ横浜中華の本質が少しずつ分かってくるのだよ。

お父さんがこの店のこれが美味いというのを教えてやるから、今年はその店で残念会を開き、せめても美味いものを食って帰るが良かろう。

你好の黒炒飯.jpg

てんけい.jpg



にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

この記事へのコメント