2019J1リーグ第23節ホームvsセレッソ戦観戦記【回して回して回して回す。】

2019J1リーグ第23節ホームvsセレッソ戦観戦記【回して回して回して回す。】

今節をもって千秋楽まで日産スタジアムの試合はお預け。
トリコロールギャラクシーも今年はこれが最後となるこの試合、なんとしてでも勝利が欲しかった。

IMG_5189.JPG

マリノスの陣営はお世辞にも万全とは言えなかっただろう。
連戦が続き選手の移籍も活発だった。
個の力も重要ではあるが、マリノスのサッカーは個の力以上に戦術や連携の個への落とし込みが重要となるだろうが、それらを充分に落とし込む時間があったとは思えない。

それでも、この試合、中盤以下では間違いなくマリノスのサッカーをしていた。
渡辺皓太には強い可能性を感じずにいられない。

しかしマリノスのサッカーは先制を許すとどうも攻撃の展開がよろしくなくなってしまう。
セレッソはゴール前をがっちり固め、スペースを埋めてマリノスの攻撃を止めてしまう。
ボール保持率はまたもやマリノスが圧倒的だろう。
ボールを奪われてもあっという間に奪い返し即座に攻撃に映るが、先制された一点を取り返すのに余りに時間がかかりすぎた。

マリノスの同点弾は見事だった。
相手のタイミングを外しながら見事に崩し切った。
1_IMG_5248.JPG

しかしボール支配を圧倒していたが故に気が緩む瞬間がある。
相手は実力が無くてボールを取られていたわけでも握られていたわけでもなかろう。
あっという間に隙を突かれての1-2。
これがいただけなかった。
その後、またもや攻めながらも崩しきれない時間が続く。
惜しいシーンは数知れずあったが、枠に入らなければ結果にはならない。

後半アディッショナルタイムはゴール前でデジャヴの連続。
マリノスはボールを回しながらセンターにボールを入れる機会を伺うも徐々に2次攻撃、3次攻撃のスピードは落ち、ボール回しのペースは落ち、伺い続けて試合終了。
相手キーパーがかなり当たっていたってことはあるんだろうけど、一瞬見えるシュートコースを逃していては勇猛果敢とは言えないよ。

それでも、試合終了の笛がなった時、その場にセレッソの選手達はばたばたと倒れ込んだ。
ほんのすこし、今を上回ることができれば崩しきることができたに違いない。

いやー、まさかの三連敗。
マリノスは5位まで後退。
優勝への道が遠ざかっていく。

IMG_5256.JPG

ただ今のチーム全体の実力を考えるとこれが現実的かも知れない。
対戦相手はマリノスのスカウティングを進め戦術を練っていたが、マリノスは現状の戦力維持をすることが精一杯の1ヶ月だった。

それでも、新加入のエリキとマテウスには可能性を感じた。
凹んでいる暇はない。
早くフィットして巻き返しをはかってくれることを強く期待している。

まだまだ諦めないぞ〜。

1_IMG_5237.JPG


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

この記事へのコメント