浮かれてはいけないという教訓【浮かれるのは優勝の時】

浮かれてはいけないという教訓【浮かれるのは優勝の時】

以前このブログで知り合いのFCサポーターさんが浮かれている話を紹介したけれど、その後、J1リーグでFC東京は鹿島に敗退し、YBCルヴァンカップでもガンバに敗退。
翌節のJ1リーグ、マリノスは順位的に下位である仙台戦で引き分けてしまったので、翌日の松本山雅vsFC東京戦が始まる前に仙台から帰宅。自宅でDAZNで必死に山雅を応援した。
反町采配、流石です!
FC東京からゴールを奪うことは出来なかったけど、むしろ試合をコントロールしチャンスを作っていたのは松本山雅の方だった。
結果はドローで勝ち点差を開かせるには至らず。。助かった~。

これからの季節、こういう下位が上位を苦しめる試合が増えてくるかなと。
我々だって優勝するために必死だけれど、下位のチームは残留するために必死で対策をして死に物狂いで戦術を立てチーム全力で立ち向かってくる。
下位であっても団結力が強くチーム戦術が浸透しているチームは意外としっかり残留することはあるもので、以前であれば甲府や大宮なんかにそういう印象があった。

逆に
-ある程度良い選手はいるのに気持ちが緩んでしまっている。
-負けがこみはじめて焦りはあるものの、チーム全体がうまくかみ合わなくなってしまっている。
-頼りにしていた主力の負傷離脱で急にチーム力が落ちる。
というチームが今頃くらいには調子を崩し、降格圏に突入し浮上できないままシーズンを終えるのを幾度も見てきた。

こういうチームは”降格するんじゃないか?”というオーラを放ち始めると本当に浮上できなくなる。
ガンバ大阪が降格した時、柏が降格の時も、あー、このチーム結構やばいわ。。という予感がしたし、セレッソ大阪が降格した時なんて、傍目で見ていて痛々しくさえ感じ、本当にサッカーはメンタルスポーツだなと実感したものだ。

しかし逆に、今年下位に沈んでいる松本山雅にもサガン鳥栖にも上述のような印象をあまり受けない。
どちらかというと後半に入って調子を上げているのか、よく戦っているように見えていて、もしこの二つのチームのいずれかがプレイオフに進出することになった場合も、現時点のJ2プレイオフ候補のチームよりも確実に強いと思われしっかり残留するんじゃないかと思っている。
(もちろん一発勝負なので断定はできないけれど。。)
では、磐田は?と聞かれるとすみません、わかりません。
だって、なんでだろう、ほとんど磐田の試合は見ていない=つまり現在のチーム状況は今ひとつわからない。
ただ、試合結果だけを見ると先般、大分を下している様子なので不気味ではある。
マリノスは残り7試合に上記3チームとのアウェイ試合を残していて、しっかり闘わないと足元をすくわれる可能性も充分あるだろう。
小生は上記3チームのほんの少し上にいるチームの中から残留争いをするチームがまだこれから出てくるんじゃないかと思っている。

マリノスも優勝を意識することなく気を引き締めて一つ一つ目の前の試合で確実に勝点3を奪うことに注力するべきだ。

さて、そんなまだまだどうなるかわからない状況で、小生たちの前で浮かれてしまったFC東京サポーターさんとはそれ以来お会いしていないけれど、面白半分で彼の近況を奥様に確認してみたところ、やたら小生たちのことを気にされているらしく「みんな、俺のことどう言ってた?」と聞いてみたり「ウチは優勝したことないからなぁ。。」と嘆いてみたりされているとのことでこれはちょっと愛らしくw
いやー、浮かれるのはちょっと早かったかもですね。
そんな話の続きで、最終節のFC東京戦で勝ち点差2以内で首位争いをしている場合は、試合後我々マリノスサポーターが知り合いFC東京サポーターさんを囲む宴会を企画しようかという話が持ち上がった。
もし、マリノスが優勝した場合は、知り合いFC東京サポーターさんを慰めながらおごってあげる。
逆に、FC東京が優勝したら知り合いFC東京サポーターさん一人に全員分をおごらせる。
というもの。
とっても面白そうだけど、このブログに書いた時点で、マリノスサポーターばかり50人くらいは参加希望者が出てくることが想定され。絶対ぽしゃるな。。この企画。

さあ、冗談はさておき、次節磐田戦はしっかり勝ち点3を積み上げるぞ~!!

え?冗談じゃないって?


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

この記事へのコメント