【余裕をぶっこいている余裕はない】

【余裕をぶっこいている余裕はない】

週末は本当にビッグファイナルとなる。
他会場の結果には全く関係せず2019J1リーグの最終節日産スタジアムの一戦で今年の優勝クラブが決まるのだ。

IMG_9240.JPG

今更ながらマスコミや解説者はマリノスが強い強いともてはやす。
個人的にも外野がかなり騒がしい。
仕事柄元々オフィスにいる時間は少ないのだが自席に座っていると(仕事の話かと思いきや)この話題の為だけにやって来る社員もいる始末。
同じマリノスサポーター、週末のチケットをゲットしたにわかサポーター、そしてFC東京のサポーターだっている。

ほとんどの人たちは、マリノスのことを持ち上げ、にわかサポーターやさほど日頃サッカーを見ない人達に限ってマリノスの優勝を信じている傾向があるようだ。
しかしそうでない人達もいる。
次節最終戦、4点差でFC東京がマリノスに勝てなければマリノスの優勝が決まるというのは事実だけれど、この4点差以上の勝利をFC東京は本気で狙っているらしい。
過去のマリノスとの対戦成績から、マリノスに対する複数得点は可能と考えている節はあり、近年4失点、5失点し大敗を喫しているのも事実。
ディエゴ・オリベイラ、永井の怪我の状況試合出場の可能性は未だ分からないものの、マリノスも扇原は不在が確定しているしその他不安要素は少なからずある。
何よりFC東京の関係者(サポーター含む)の本気度が半端ないようで今年は優勝出来るという今までなかった気迫のようなものを強く感じる。
奇跡は起こる、いや奇跡では無く必然だと言わんばかりの口ぶりに、この試合は気持ちを引き締めてかからねばならないと肝に銘じた。

相手は今シーズン首位をひた走ってきた強豪である。
確かにマリノスはここ10試合負けていないけれど、彼らの実力は折り紙つきだ。
そんな相手が必死で全力を挙げて立ち向かってくるに違いない。
緩んではいけない。
マリノスが強いと囃し立てられても、そう言う言葉には耳を貸さず先週の等々力で見せた、いやそれ以上の一体感のある応援をスタジアムで見せつけよう。



にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

この記事へのコメント