【松本遠征はアルピコ交通と切っても切れない良い縁征】(蔵出し)

【松本遠征はアルピコ交通と切っても切れない良い縁征】

松本山雅のスポンサー企業のアルピコ交通株式会社は高速バスで松本遠征をしたことのあるJリーグサポーターにとってはフレンドリーな会社。
サポバスに乗りそびれた場合や、東京在住の方なら、サンプロアルウィン送迎日帰りバスツアーってのもあって、新宿からアルウィンまで乗り換えなしで往復出来て価格も(サポバスほどではないけれど)リーズナブルに移動できる。

ただ小生が松本遠征をする場合は、松本市街地でプチ観光もしたいし美味しいものもいただきたい人なのでアルウィン直行便を利用することはない。
基本的には公共交通で松本駅到着後、コインロッカーに荷物を入れて、プチ観光をして、美味しいものを食べて、無料シャトルバスでアルウィンまで行って、試合後も無料シャトルバスで松本駅に帰ってくるというルートとなるわけでこの経路でとにかくアルピコ交通さんにはとってもお世話になる。

IMG_9352.JPG

まず、松本バスターミナルに併設されているアルピコプラザのコインロッカー。
こちらのコインロッカー今時1日100円なのですよ!試合当日は荷物をここに預けない手はないでしょ。
松本駅お城口まで移動しプチ観光をするならタウンスニーカーという市街地を周遊しているバスを利用すると、アルウィンへの移動までの限りある時間の中で市街地の観光スポットを結構回ることができる。

プチ観光から戻るとそのままバスターミナルから出ている無料シャトルバスでアルウィンに移動。
このシャトルバスがとっても立派で、いわゆる背の高い観光バスなのね。
もちろん、補助席も利用するわけだけど片道20分全員が座って移動できる無料シャトルバスなんて、恐らく松本でしかお目にかかれないんじゃないかと。

IMG_9478.JPG

試合後アルウィンから松本バスターミナルまでも、この無料シャトルバスを利用。
当然、長蛇の列になるけれど、行列待ちの時間も併せて片道1時間を見ておけばまずまず大丈夫。
松本駅まで戻ってきたら、市街地にある美味しい店で食事をしたあと、アルピコプラザ地下一階のショップでお土産を物色したり、一階のカフェでお茶をしたりしながら新宿行きの高速バスを待つ。

東京までの復路はアルピコ交通の高速バスを利用することがお勧め。
何が嬉しいって、各席に電源コンセントはついているしなんとバスの中で無料Wifiサービスが利用できるのですよ。
小生は今年の松本遠征の帰りのアルピコ高速バスで、当日生観戦した試合を帰りの高速バス乗車中にスマートフォンでDAZNで再観戦チャレンジ!
松本・新宿間の高速道路は、山中あり、トンネルありなのだけど、この無料Wifiサービスを利用することで、ほとんどクルクルも起きずに試合をまるごと(試合後の監督インタビューまで)しっかり見直すことができた。

IMG_9887.JPG

およそ3時間の乗車時間で、2時間ちょいは夢気分、おりしも久しぶりのウノゼロ5連勝の試合、とってもハッピーな気分で新宿バスタに到着。
こりゃよかったですわ。
アルピコ交通さんのおかげで、とっても良い遠征が出来ました。

IMG_9888.JPG

東京・鹿島間の高速バスでも同じようなサービスをやってくれたりしないかなぁ。


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

この記事へのコメント