【うお吟の恵比寿大黒丼】サポーターのオフ

【うお吟の恵比寿大黒丼】<敦賀・お魚通り>

IMG_0976.JPG

敦賀に来たならば、やはり地魚の美味しい料理が食べてみたい。
ということでまずはランチランチ!
お魚通りにあるうお吟とどんと屋の2店舗は姉妹店同士らしいのだけど、いずれも人気で行列が出来ると聞いていた。
どっちがどうなんだか分からないので取り敢えず行列の短い方を選ぶことに。
この日はうお吟が2組待ちということだったのでこちらに決定。

IMG_0973.JPG

この型のカウンターのみの席。
明るい店内にはジャズが流れ、暖かい照明お盆が丁寧に各席に並べられている。

恵比寿大黒丼という丼のセットは松 竹 梅の三種類で、松は地魚のみ、竹になると雲丹がのっていくらが増量、梅は更にキャビアまで載ってくるらしい。
いや、雲丹 いくらもだけど キャビアはこの地のものじゃ無いよねぇ。
ということで、梅で充分でございます。

まずやってきたのが恵比寿丼。
細切れにした数々の地魚を和えたものの上にいくらをトッピング。

IMG_0993.JPG

ワサビ醤油を軽く振っておさじでいただく。
これはうんまーー。
新鮮な地魚の刺身とご飯に振られた胡麻の香ばしさが相まって臭みはまったくない。
清々しく口の中で調和されていく。

次にやってきたのが大黒丼卵といくらのセットでこれは天かすを振りかけていただきます。

IMG_0997.JPG

サクサクとした食感に濃厚な卵といくらのアンサンブルはもうたまりません。

IMG_0998.JPG

一緒に出していただく鯛汁でさっぱりと締める。

なるほど敦賀の地魚料理は奥が深いぞ。


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ


この記事へのコメント