【小生のサポーターライフを支えてくださる皆様への感謝】

【小生のサポーターライフを支えてくださる皆様への感謝】

最終節の日、小生の知り合いサポーターさんが唐突にゴール裏にフィアンセを連れてきた。
その方、ゴール裏はもちろんのこと日産スタジアムにくることさえ初めてだと言う。
祝勝会まで参加してくれたカップルはマリノスの優勝を共に歓び楽しんでくれた。

小生がゴール裏で応援するようになったのは2014年、年齢はともかく漸く丸6年となったひよっ子サポーターだけどこの6年で随分知り合いサポーターさんが増えたものだ。
そしてその間に何人もの知り合いサポーターさんが結婚し、子供が生まれ、そういや孫が出来た人もいるか。
フットサルに興じていた学生君が今や社会人として働いていたりもする。

共通項はマリノスが好きでスタジアムが好きでマリノスを応援したいだけ。
ちょうど今のピッチ上マリノスの選手のように離れ過ぎず近過ぎない絶妙な距離感を保ちながら、そしてお互い奉仕の気持ちも持ちながらマリサポライフを楽しんでいる。

今シーズンを振り返ると、この仲間無くして小生のマリサポライフは成立しなかったことは間違いない。

シート貼りが無くなりLINEで順番待ちに変わった時も、アウェイのチケットが入手困難になった時も、仕事でスタジアム到着が試合前ギリギリもしくは試合開始後になった時も、アウェイで帰り道に迷いそうになった時も、近くにいる知り合いサポーターさんに助けられた。
東京でKTVが映らないところに住んでいる小生の為にKick Off Marinosを録画してくださっている方もいる。
FMBHで知り合った方のブログを読んで元気になることもあるし、ポスター活動では分け隔てなく新人さんを迎え入れそれを楽しむこともある。

敗退すれば励ましあい、勝利すれば歓びを分かち合える仲間がいることはとても励みになる。
仲間意識は強いけれど常に節度をわきまえて相手に接しそして遊び心と感謝を忘れない今の環境は小生の日々の生活にとてもプラスに働いている。
今のマリノスはファミリーだと言うけれど、そう、マリノスサポーターだってそのファミリーの一員なのだ。

IMG_0311.JPG

そして今シーズンは漸くその小生の輪が他クラブのサポーターさんにも広がろうという兆しが見えた。

マリノスの2019シーズンは最高の形で幕を閉じたけれど、小生の2019シーズンをとても有意義なものにしてくださった皆さんに心から感謝します。
あっという間に2020年シーズンはやってくる。
マリノスはもうひとつ上を目指して進み出すだろうし、それが決して容易い目標ではないことも知っている。
又、共に苦しい想いをするかもしれないけれど、そうなったとしてもそれを楽しみに変えていけるんじゃ無いかな。

本当に一年間ありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

この記事へのコメント