【Itoyaでトリコロールなオリジナルノートを作った話】<元町ショッピングストリート>

【Itoyaでトリコロールなオリジナルノートを作った話】<元町ショッピングストリート

銀座に本店を置くItoyaは文房具の老舗として進化を繰り返し、ITの浸透で紙や筆の消費が減少していく中でも文房具の楽しみを子供のみならず大人にも伝え続けて成功している。
IMG_2243.JPG
小生の家からは銀座の本店の方が近いのだけれど、小生にとってはItoyaは元町のウィンドウショッピングのルート店舗の一つ。
銀座本店より比較的空いていてゆっくり時間を過ごせる横浜元町店がお気に入り。
とりわけこの時期は、Itoyaに行くなら横浜元町でしょうね。

3フロアを利用した店内は洗練された構造。
IMG_2353.JPG

紙製品や万年筆などの品揃えもしっかりしていて、ごくたまにしか使わないのだけれど、それでも便箋や一筆箋はこの店で購入する。
さて、どれにしようかと悩む時間もまた楽しいのだ。
IMG_2352 (2).JPG

この店のオリジナルサービスでNote Couture(ノートクチュール)というオリジナルノートを作ってくれるサービスがある。
IMG_2354.JPG

仕事でもプライベートでもパソコン、スマートフォン、タブレットが浸透してしまい、ノートの出番は少なくなりつつあるものの、ちょっとしたメモを書いて人に渡したり、自分が記憶に残したいものはノートに書き留めることは未だある。

そんな仕事用に、この店で自分のものと明確にわかるノートを一冊作ってもらう。
表紙・リング・ゴムバンドの色はそれぞれ、青・白・赤でトリコロールってのは当然です。
ホームユニフォームもそうだけど、やっぱり、トリコロールはマリノスブルーを基調に、紅白の線ってのが映えるのですよ。

注文して、元町や中華街のいずれかで食事に行き、帰ってくる頃にはできたノートが工房の前に飾られている。

IMG_2408.JPG

年に一度の贅沢もなかなか良し。
ビジターサポーターさんはお土産にするのも良いかもです。

IMG_2406.JPG

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ mbh-banner

この記事へのコメント