2020年J1リーグ第1節 vsガンバ大阪戦観戦記【黒星発進】

2020年J1リーグ第1節 vsガンバ大阪戦観戦記【黒星発進】
0_IMG_3374 (2).JPG
2020J1リーグ開幕は2/21金曜日、湘南、浦和戦を皮切りに3日間。
マリノスvsガンバは23日のため、前日までにDAZNで数試合視聴した。
湘南のチームは生まれ変わった印象でサッカースタイルには変化は見られるものの果敢なアプローチは健在で、可能性を感じる。
浦和に逆転負けを喫したものの、主導権は湘南にあった印象。
浦和が勝てたのは補強で獲得したレオナルドと終盤に入ったマルティノスの活躍が大きい。
外国人選手と言えば柏が怖い。
オルンガのセンスと突破力が半端ない。
すでに江坂、クリスティアーノとの連携もフィットしていて今年のJ1の台風の目になるかも知れない。
昨年からの変化を求め、未だ試行錯誤しているチーム、更なる進化を遂げようとしているチーム、今年のマリノスを観ているとやるべきことをこれほど変えていないチームは他にないんじゃないかとさえ思う。

マリノスの開幕対戦相手はガンバ大阪。
昨年2勝しているこのチームが素直にマリノスを勝たせてくれるか?
否であった。
0_IMG_3421.JPG
試合の入りが良くなかったのはマリノスの方だった。
先制点を入れられる前にもマリノスは2度のピンチを作っていた。
相手フォワードはマリノスディフェンスに張り付きパスコースを切り、裏をついて抜け出してくる。
宮本監督はこの強いマリノスを研究し対策を練り、練習で落とし込んできたのだろう。
マリノスがペースを掴みきれない間に先制するのが彼らの戦術だったのだろう。
先発でアデミウソンを外しヤットさんを使い組織的に攻めて守るという形をピッチで見事に表現した。

仲川にはディフェンスをしっかりつけて自由にさせず、遠藤のクロスはセンター側からことごとく跳ね返す。
マリノスがペースを取り戻し、自分達の形で出来るようになった時には既にガンバは勝利への道標が見えていたのではないか。

後半30分ツネ様が諸葛孔明に見えたわよ。
マリノスの戦士達は諦めることなく最後まで自分達のサッカーでチャレンジを続け逃げ切ろうとするガンバを執拗に苦しめた。
ただ突き抜けるには足りなかった。
0_IMG_3478 (2).JPG
今シーズンは1-2の黒星発進。
連覇をするにはまだまだ足りない。
マリノスはやることを変えずそれでも突き抜けていくことに決めたのだ。

0_IMG_3484 (2).JPG

それにしても今年のJ1リーグも先は全く読めない。
下剋上が当たり前の戦国時代のJ1リーグが今年も始まった。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ mbh-banner

この記事へのコメント