【週末はJ2で闘うマリノスファミリーをDAZN観戦】

【週末はJ2で闘うマリノスファミリーをDAZN観戦】
昨今マリノスに加入した若手選手を積極的にJ2/J3に武者修行させるってのが流行っている。
一方で今年は、水沼浩太が選手として、次いで榎本哲也が引退後スクールコーチとしてマリノスに復帰とマリノスに帰ってくる事例も増えている。
中には移籍先で骨をうずめる覚悟の選手もいるだろうし、マリノスに戻ってくることのない選手もいるであろうことはわかっているけれど、水沼浩太や榎本哲也がマリノスに帰ってきてくれるんだもの、レンタル組は勿論元マリノスの選手も、マリノスファミリーの一員として小生は捉えてしまう。

そんなマリノスから移籍した選手、レンタル中の選手で今年のJ2開幕戦でスタメンで出場したのは実に13チーム18人、サブ組まで入れるとなんと23人。

甲府 泉澤仁
町田 吉尾海夏
長崎 富樫敬真
水戸 山田康太 (山谷侑士)
北九州 町田修斗 生駒仁(椿直起)
京都 中川風希 (李忠成) 
大宮 イッペイシノヅカ 三門雄大
千葉 熊谷アンドリュー 新井一耀(下平匠)
徳島 ドゥシャン
東京V 奈良輪雄太 佐藤優平 (端戸仁)
愛媛 山瀬功治 森谷賢太郎
松本 田中隼磨
琉球 田口潤人

いや、若手からベテランまで実に多い。
昨年や一昨年がどうだったかを調べているわけではないけれど、恐らくここまで多くはないだろう。
これほどのメンバーが各J2クラブでしかも主力として活躍しているケースはなかなかないんじゃないかと。
リーグ開催延期中の今だからこそ、そんなJ2で頑張る選手の活躍をゆっくりDAZNで観戦できると考えれば、休日のDAZNでのJ2観戦、悪くない。
この土日で、4試合見たけれど、いずれも選手もガツガツと前に向かっていく姿勢がすばらしくて見ごたえのあるゲームだった。

J2の試合を観戦するとこころなしか元マリノスの選手がいるチームを応援してしまうのだけれど、今年はなんせ13チームですから。。両チームに元マリノスの選手がいる試合も結構あったりするので、とっても不思議な気持ちになったりもする。
近い将来マリノスに戻ってくる選手もいるだろうし、松本玲のようにJ1に昇格しリーグで対峙する選手もいるかもしれない。
開幕戦を見る限り、どのチームがJ1に昇格してもおかしくないと感じたし、今年のJ2リーグも楽しめそうだ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ mbh-banner

この記事へのコメント