【アウェイの桜、三ツ沢の桜、神田川の桜】サポーターのオフ

【アウェイの桜、三ツ沢の桜、神田川の桜】

桜の花が咲く季節、満開の桜を見ることのできる期間は本当に短かくはかない。
その短さとはかなさが、希少価値的に桜の花の魅力とも言えるのだけれど。
とりわけ東京在住マリノスサポーターの小生、J1リーグが開幕して約2か月、毎年毎週のように試合があるこの時期に桜をゆっくり見る機会なんてとっても限られる。
IMG_3997.JPG
それでも、タイミングよく、ニッパツ三ツ沢球技場で試合があったりすると満開の桜山に足を運ぶし、清水遠征で見た見た日本平の桜や春のアウェイ柏戦でビジターゴール裏の背景を彩る満開の桜は今も心に焼き付いている。
今年、コロナの影響がなければ、清水の桜も柏の桜のいずれをも見ることができたかもしれないスケジュールだったので(いや満開とはいかなかったかもしれないけれど)それがなくなったのはちょっと残念だ。

そんな自粛要請が出ているこの時期、家にいることはとっても大事だけど食いしん坊の小生、ちょいとくらいは運動しないとかえって体に良ろしくない。
フランスだって1日1時間程度のランニングは許されているのだもの。
ということで週末子供と一緒に、家の近所をウォーキング。
市街地ではなく、閑散とした住宅地をとりあえず遠くまで歩いてみようということになった。
池袋方面から目白通りを越えててくてく。
西武線下落合駅を越えたあたりでカメラを構える人たちが数人いるのでなんぞやとみてみるとそこには川沿いに咲く満開の桜の樹々。
IMG_3979.JPG
灯台下暗しとはこのことか。
東京に引っ越してはや6年ほどになるけれど、こんなところに桜の名所があったとは全く持って知らなかった。

IMG_4028.JPG
少し葉桜とはなっているけれどまだまだ見頃で、決して人数は多くないけれど、カメラやスマホにこの景色を収める方々もちらほら。
川の水面に舞い落ちた桜吹雪が流されていく様も美しい。
IMG_4027.JPG
この川、神田川だったんですね。
子供の頃、叔母さんがいつも口ずさんでいた「あなたは、もう、忘れたかしら♪」の神田川。
なんとなく殆ど歌詞を覚えているけれど、きっと下町のこの辺りには地方から出てきた学生たちが住む下宿があったのだろうな。
IMG_4019.JPG

直近最後の横浜散策で三ツ沢公園に行ってからはや2週間。
今頃は三ツ沢の桜も満開なのだろうな。

早く横浜に通える日が帰って来ますように。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ mbh-banner

この記事へのコメント