【関西遠征でアパホテル京都駅堀川に宿泊した話】

【関西遠征でアパホテル京都駅堀川に宿泊した話】

大阪遠征で宿泊を伴うならば京都に宿泊すべしと小生はおすすめしているいるけれど、多くの方がおっしゃる通り京都はなにぶん宿が高い。
ならば、名古屋で宿泊!なんて言うサポーターさんもいるくらいだ。
いや確かにね。流石は世界有数の観光地、基本観光に関わる産業はいずれも高止まりしている感は否めない街ではあるけれど、そんな中、早めの宿泊予約をするお得意様相手に気をはきながらコストパフォーマンスを抑えて戦っているのがAPAホテルグループ。
全国標準で考えると決して安いとばかりは言えないのだけれど、とりわけ京都では善戦している部類に入るのではないかと。
京都駅近くに何棟あるのかよくわからないけれど、その数も多くリニューアルを重ねて7000円ほどの宿泊費で居心地の良い空間を作ってくれるのは貧乏なくせに、せっかく京都に来たのだからプチ観光も!と欲張りな小生のようなサポーターにはとっても有り難い。

IMG_0437.JPG
アパホテル京都駅堀川通りは京都駅前のビッグカメラを少し奥に入ったあたりにひっそり佇むホテルで、2019年にリニューアル。
便利かどうかはわからないけど、ちょっと凝った作りの独特のフロントでチェックイン。

部屋は決して広くは無いけれど、ベッドはフッカフカでとっても広いのがこのホテルの特徴。
IMG_0442.JPG
ベッドを高くして荷物をベッドの下に入れれるスペースを作り、50インチの大きすぎるほどのテレビもベッドに寝そべって見るのがこのホテルを使いこなすコツ。
ベッドが部屋の一部だと思えさえすれば良いこの部屋は決して狭くない。
IMG_0444.JPG
11階には大浴場がありその混雑状況も部屋のモニターでわかるので、比較的空いているときにまったり湯船に浸かるべし。

IMG_0451.JPG
朝食のGINYUBAもメニューが豊富でとても楽しい。
京都の朝にカレーは控えたが、野菜は豊富だし、おばんさいっぽいおかずも他の地域のアパホテルと比較するとかなり豊富な方ではないかと。
IMG_0452.JPG
大阪遠征で宿泊するならやっぱり京都がええわぁ。

この記事へのコメント