【2020J2リーグ第4節 岡山vs北九州観戦記 by DAZN】今節も椿フル

【2020J2リーグ第4節 岡山vs北九州観戦記 by DAZN】今節も椿フル

テレワークが19時に終わらずキックオフ間に合わず前半13分からDAZNでの参戦となった。
J2も今節から観客が入っているんですね。
声援をスピーカーから流しているということもあるのだろうけど、ソーシャルディスタンスを取っていても観客がいるといないで全然違う。
椿直起は今節もスタメン。
生駒仁は今節もベンチ外。
生駒仁は怪我だろうか?ちょっと心配。
立ち上がりは北九州のペース。
そのペースをリードしているのが椿のプレーだ。
彼のプレーは堂々としていて美しい。
マリノスの左サイドとしていずれ必要となる選手だと思う。
岡山も立て続けに3発のミドルシュートで応戦するがなんとか乗り切り前半0-0で折り返し。

後半、選手交代とともに北九州のペースが更に上がる・
北九州はボールポゼッションを重視し繋いで崩すサッカーで見ていてとても面白い。
椿もこのチームで揉まれ、成長してほしいと切に願う。
試合を動かしたのはやはり北九州。
椿がヘッドで落としたボールを鈴木がシュート、これは阻まれるも、すかさず髙橋大悟がうちぬきお見事ゴール。
いや素晴らしい。
そして間髪入れずに、佐藤亮がゴールを決めて、あっという間に2-0。

これで、岡山は力尽きたのか?徐々に北九州のワンサイドゲームに移行していく。
ボール保持率は高く北九州のプレイに余裕が出てきたように感じる。
マリノスはここからが違う。
引き続き相手がメンタル的にとても辛くなっていくのが分かるほど攻めに攻め立て疲弊させるのだ。

北九州は2連勝。
若いチームにまだまだ伸びしろを感じる。
椿は今節もフル出場。
プレーはいいのだけれど、今節もゴール・アシストはつかず。

特に試合終了近くのコーナーではダメ押しを決めてほしかった。
早く椿のゴールが観たい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ mbh-banner

この記事へのコメント