【大さん橋旅客ターミナルで横浜の潮風にあたる】横浜プチ観光

【大さん橋旅客ターミナルで横浜の潮風にあたる】サポーターのオフ・横浜プチ観光

ランチにホフブロウでスパピザを食べると不思議と大さん橋旅客ターミナルまで散歩したくなる。
ちょっとカロリー高めのスパピザで吸収したカロリーを燃やすには、山下公園までの散歩は近過ぎるし、かと言って赤レンガ倉庫となると骨がおれるということ。
山下公園と赤レンガ倉庫の間にあるこの巨大な空母のような形をした人工島に決して攻撃的な印象を感じないのは木でできたデッキと芝生で覆われているからに他ならない。

子供の頃から海とは縁遠い環境で育った小生にとって水平線は未だ特別な存在で、四方から来る爽やかな潮風に当たりながら海に囲まれた屋上の公園「くじらのせなか」をぶらりと歩くだけで心が和む。
右手に見えるは海に浮かぶベイブリッジ。
IMG_5839.JPG
左手は、手前に赤レンが倉庫、奥にみなとみらいのフォルムがきれいなビル群。
IMG_5843.JPG
レトロと未来が綺麗に融合したマリノスのタオルマフラーのデザインそのものの風景。

横浜にはロケーションフォトプランというサービスをやっているフォトスタジオがあって、くじらのせなかは絶好のフォトロケーション。
とりわけこの時期、くじらのせなかは空いているのでいい写真が撮れるし、撮影現場に遭遇するチャンスも多い。
IMG_5837 (2).JPG
小生も遠くからちょこっと幸せのおこぼれをいただいた。

タイミングが良ければ停泊している大型クルーズ客船を間近に見ることができる。
優先の飛鳥Ⅱは大さん橋が母港となるので、ここで見れる確率は高い。
滅多なことで、このような船に乗ることはないけれど、近くでみるだけで圧巻だ。
IMG_5833.JPG
ダイヤモンドプリンセス号の悲劇がいまだ記憶に新しいこの時期なので、ターミナル構内は閑散としているし、逆に考えれば蜜を避ける散歩には絶好。
構内もゆっくりと展示物を見ることができる。
IMG_5848.JPG
勿論構内の散歩は無料。
横浜遠征されるビジターサポーターさんが、横浜の景色にしっかり触れたいならばプチ観光としてお勧めのスポットだ。
IMG_5850.JPG

この記事へのコメント