【2020J1リーグ第7節アウェイvs札幌戦観戦記byDAZN】自分達のサッカーをしたのは?

【2020J1リーグ第7節アウェイvs札幌戦観戦記byDAZN】自分達のサッカーをしたのは?

思えば昨年の札幌遠征は散々だった。
あれよあれよという間に3点をいれられ何もさせてもらえなかった印象。
福森のフリーキックは、拳銃で心臓をぶち抜かれたようなインパクト。
2-0となった後のゴール裏は応援のモチベーションを維持するのに必死だった。
試合後悔しさ以上の脱力感を晴らそうと食べ放題のジンギスカンを胃袋に詰め込むだけ詰め込んだ記憶がある。

マリノスは、怪我で朴・實藤・エリキ・仲川・チアゴそしてマルコスというピースが離脱している状態で、誰が出てもマリノスの同じサッカーができるか?
これはマリノスにとってチャレンジだが、幸か不幸か今節相手は福森も武蔵もいない。

あまじゅんの唐突ミドルのゴールで先制するもビジター席がないため余りに静か過ぎる。
超厳戒態勢でのスタンドはビジターチームには残酷だ。
そんななか、たった数分で立て続けにゴールを決められ逆転を許す。
ルーカスフェルナンデスに翻弄されている。
独特のリズムでアタッキングサードに侵入しデュエル相手のタイミングをことごとく外す。。
マリノスのディフェンス陣は彼一人にずいぶんてこずった。

更に相手2点目・3点目はマリノスのディフェンスのミスを引き出されての失点だった。
伊藤と畠中は奮闘しており素晴らしいプレーをしばしば見せるも、明らかに疲れが見え隠れしている。
中盤で取られると、その圧力がディフェンスに一気になだれ込んでくる。
伊藤は鹿島でのチアゴとの交代以降の連戦でピッチに立ち続け、そう考えると畠中は中断明けから全6試合にフルで出場している。
ビルドアップで始まりネガティブトランジションに移行しても、彼らは肉体労働と頭脳労働を常に繰り返してゴールを守っているわけでほんの少しの集中力の欠如が命取りとなった結果だろう。

札幌ミシャ監督の戦術はとても巧みだ。
ゼロトップで相手ディフェンスを翻弄し、中盤を厚く配備し崩れそうなところで2列目から飛び出しゴールを狙う。
優勢となったところでチャナティップとジェイ交代させるも、ジェイはほとんどボランチに近いところで高さをもって、マリノスへの前への推進力をそぎ落とす。
昨年はスーパーゴールに敗退したが、今年のアウェイ札幌戦、福森や武蔵がいなくとも自分たちのサッカーをしたのはコンサドーレの方だった。
次節もアウェイでの闘いとなるが、色々な意味で立て直しが必要かもしれない。

今夜はジンギスカンを腹いっぱいくいてー。
え?ないの?ないんだ。。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ mbh-banner

この記事へのコメント