【2020J1リーグ第8節アウェイvs仙台戦観戦記byDAZN】歓喜のウノゼロ

【2020J1リーグ第8節アウェイvs仙台戦観戦記byDAZN】歓喜のウノゼロ

よもや一点を争う闘いになろうとは。

朴復帰のこの試合、センターバックは松原・畠中の2枚、サイドは水沼・仙頭で2枚というちょっと今までなかったフォーメーション。
それでも立ち上がりから攻撃はイメージ通り、誰が出ても同じサッカーとはこういうことを言うんだねぇ、とマリノスの準備については関心しながらDAZN観戦。
仙台は思ったほど、前にプレスをしてくることなく、カウンターを狙う作戦だろう。
問題は、精度と相手ディフェンスの固さ。
朴の落ち着きには脱帽する。
梶川が悪いわけではないけれど、広いスペースのケアは1年の長ということか、前半はなかなか仙台にチャンスを作らせることがないのは、ビルドアップ・パス、飛び出しのタイミング全てにおいてレベルが高い。
畠中も今節は、しっかり自分の仕事が出来ているが、ここに朴の貢献があったことは間違いない。
ただ、前半0-0の折り返しというのはちょっと辛かった。
マリノスはチャンスはしっかり作れているが、現時点のゴール前のアイディア・精度では、仙台の守備を突き抜けることが出来なかった。
シマオ・マテは今節いなかったのだが、流通経済大学在学中のアピアタウィアという選手のディフェンス能力のレベルが高すぎる。
とにかく最後はやらせない徹底した守備に、ほんの少し苛立つ自分がいる。
数年前までは、前半0-0という試合が快感だったたはずなのだが、随分変わったものである。

なかなか試合が動かないまま時間だけが進んでいく中、79分アンジェポステコグルーが動く。
水沼、天野、喜田をマルコス、渡辺皓太、伊藤槙人、え?え?え?
交代後3分くらいは意味が分からなかったが、右サイドの小池が、前にスライドして、松原がサイドバックに動いた模様。
とはいうものの、渡辺皓太はセンターフォワードの位置まで侵入するし、松原だって中央に絞るなどポジションが入れ替わり立ち代るのがマリノスのサッカーだから、誰が出ても同じサッカーとはこういうことを言うんだねえ。
チャンスがないわけではないのだが、仙台は体を投げ出してゴールを守る。
ディフェンスは朴様様。
その後も裏を獲られるシーンも幾度かあり、確かにピンチはあったが、今節の朴の見極めは秀逸だった。
これは当面、朴がスタメンとなるだろう。
90分を過ぎても試合は動かなずアディショナルタイムは5分。
それでも果敢にビルドアップからボールを繋ぎ、ゴールを狙うマリノスの選手。
これはもう、マリノスのサッカーを信じ続けないとできないプレーだ。
試合終了間際、ティーラトンがクロスで放り込んだボールを大津がすかす。
これが素晴らしかった。
鉄壁のアピアタウィアがボールにさわれぬまま倒れこみ、流れたボールに飛び込んだマルコスジュニオールのワンタッチシュートは仙頭の股抜きさえ許さなかったヤクブスウォビィクの届かぬところに突き刺さる。
マルコスの集中力とゴールの精度は超人的だ。
自宅の全部屋に小生の雄叫びが轟く。

なかなか試合が動かなかった95分、最後の最後でこれほどまでに素晴らしいゴールを見れる幸せをかみしめる。
マリノスを苦しめ続けた、この強靭な二人の難敵を相手に突き抜けた瞬間だった。
気持ちよすぎるウノゼロの勝利に今夜は眠れそうにない。
次節は、久しぶりのホームゲーム。
まだまだ制限付き開催は続くけれど、気持ちのこもった拍手が待っている。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ mbh-banner

この記事へのコメント