相模原でコウのプレイが見れるはず!【武者修行中のトリコロール】

相模原でコウのプレイが見れるはず!【武者修行中のトリコロール】

池田航(コウ)のプレイを初めて見たのは彼が高校2年の時だったと思う。
当時、プリンスリーグに落ちていたマリノスユースはプレミアリーグへの再起を図っている最中で、トップチームが提唱するポステコグルーのアタッキングフットボールをユースでも取り入れ、しかもそれがむしろトップチーム以上にしっくりハマっていることに驚いたのを覚えている。

考えてみれば、とてつもない数の横浜のサッカー小僧から選ばれし精鋭達が日本で2ndカテゴリーの高校生チームと闘っているのだからプリンスリーグで圧倒的に強いのは当然かもしれないし、ミスが命取りのサッカーではあるけれどプリンスリーグのチームが相手であればそのミスを吸収し取り戻すだけの力量がマリノスユースにはあったということだろう。
点取屋が不在で苦しんだ前年と打って変わって、3年生に山谷、2年生にはブラウンノア、そして1年生に津久井というまさにトリコロールの未来を背負うセンターフォワードが揃い、サイドには超高校級の椿直起、そして線は細いがしなやかなプレイに圧倒的なタレント性を感じる榊原などなどの豪華布陣がマリノスのアタッキングフットボールをどうどうとこなし一試合で複数得点を重ねていく様は見ていて痛快だった。

そんなマリノスのアタッキングフットボールでとても大事なピースとなるのはやはりサイドバック。
当時2年のコウ・3年の木村卓人は香車のように上下するプレイ、果敢に中央にポジションを変えるなどそのプレイの質を吸収していた。
桐蔭第一との試合で、するすると中央から抜け出してゴールを決めた姿はまさにマリノスのサイドバックならではのプレイ。

翌年は、特別指定としてトップチームに登録され、今年トップチーム昇格をしたものの現在までなかなか出場機会がなく、彼のプレイを見ることが出来なかった。
今回のコウの育成型期限付き移籍により、相模原にはマリノスのレンタル選手がえいたろう、コウの二人となり、完全移籍している和田・富澤とあわせてマリノスファミリーは4人となる。
既に3人はチームになくてはならない存在となっており、出場機会も多いので(冨澤はそもそもキャプテンだし。)これから4人がそろい踏みとなる試合を見る機会が出てくるであろうことを強く期待している。

そして近い将来、マリノスのトップチームの選手としてマリノスのユニフォームを身に着けて躍動してほしい。

IMG_5410.JPG
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ mbh-banner

この記事へのコメント