【えぼし工房ののり弁当】ホームタウンお勧めテイクアウト

【えぼし工房ののり弁当】<横浜そごう>

マリノスのホームゲーム当日、スタジアムで試合前にいただくお弁当をセレクトしようと横浜駅地下をぶらり。
今日は、ダイヤキッチンの気分だわ。と西口の方に出たところ。。
IMG_6567.JPG
ガーン。。殆どの店が閉まっている。。
CIALがリニューアルをしたのはいいけれど一体何が起こっているんだかちょっと心配になってしまう。

気持ちを入れ替え、本当は和食の気分なのだが何にしようかなぁと横浜そごうに向かう。
で、洋食で大のお気に入りのプクプク亭の横の棚でにになるお弁当を発見。
IMG_6573.JPG
えぼし工房ののり弁当550円(税抜き)とは、天下の横浜そごうで販売するにはとってもリーズナブルではないですか。
昆布は見えるが海苔が見えないけれどまあいいかー。
消費税を足しても600円ほどのお弁当をそごうさんで購入できるってだけでお得感半端ない。
IMG_6574.JPG
日は沈みかけているもののまだまだ蒸し暑い日産スタジアム、マリノス君・マリノスケ・トリコロールマーメイズが出てくる前に腹ごしらえ。
冷たいお茶といっしょにいただくえぼし工房ののり弁当は今まで食べたのり弁当と呼ばれる弁当の中では、圧倒的最強、最高峰のの代物であった。
プラスチックの蓋をはずし、おかずを一口一口口に運ぶたびにその贅沢さに感じ入る。
丁寧に敷き詰められた野菜とこんにゃくの煮物は少し濃い目の味付けだけど、柔らかく優しい味。
IMG_6599.JPG
野菜のかき揚げはごぼう中心、こちらは味は薄めだが硬めのコリコリとした歯ごたえが心地よい。
昆布はやっぱり昆布でしたが、佃煮風。
そして大きめの出汁巻き玉子が、おかず全体を調和させる。
それぞれの特徴を主張していてとてもな楽しい。
敷き詰められたおかずの下から海苔とご飯が顔をだす。
IMG_6602.JPG
磯の香り湘南の味、こりゃただののり弁ではございません、百貨店で600円未満で販売しているなんて奇跡ではないかい?

やはりコロナの影響で、価格を下げたのか?とおもいきや、昔からこれくらいのお値段で提供されているそうな。
完成度高すぎ、サマーナイトゲームの腹ごしらえはパーフェクトでした。
IMG_6595.JPG

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ mbh-banner

この記事へのコメント