【2020J1リーグ第16節ホームvsセレッソ大阪戦観戦記】教えて影山優佳先生

<教えて影山優佳先生>

2連敗中のマリノスが今節ホームで迎えるのは難敵のセレッソ大阪。
なんでかなぁ、このチームにはここ最近勝った覚えがほんとにない。
彼らと対峙するとどうも難しい試合になってしまう。
選手たちがどう思っているかはともかく小生個人としては苦手意識はある。

このタイミングで、我らがポステコグルー監督はまたもやスターティングメンバーを触ってきた。
名古屋戦で試みた3バックは今節も継続する様子。
0_IMG_7781.JPG

朴は怪我かターンオーバーか?
GKは梶川スタメン、中林サブ。
驚いたのは中林でこれまた前節から始めたウォーミングアップでパス練習で躍動している。
選手最年長にしてフィード、足元は以前より確実に上手くなってる。

新たな布陣で闘うマリノスの前半は期待通りの出来だったと思う。
今節スタメンの和田拓也、渡辺浩太は躍動した。
後ろから繋ぎ相手を翻弄しその殆どの時間を相手陣地に押し込むアタッキングサッカーを実現した。
とりわけ和田拓也のポジショニングは秀逸。
ボールを持たない時の動きは見ていて愉快でしかない。
足りないのはゴールで、セレッソの守備が素晴らしいのかそれともマリノスのシュートが甘いのか。
チャンスを何度も作りながらもゴールをなかなか奪えず0-0で折り返す。
0_IMG_7795.JPG

後半マルコスジュニオールからエリキのヘッドで先制。
0_IMG_7803.JPG
しかしその直後マリノスの守備が乱れはじめる。
現地で見ていたがその原因は見当がつかない。
気持ちに緩みが出たのか?
集中力が切れたのか?
確かに相手のプレスが少しばかり強くなったとは思うが、前半あれ程までに球際強くボールを奪い連動していたマリノスがパスは甘くなり、ミスは増え、連動性が下がる。

途中持ち直すも気がつけば1-2の逆転負け。
同じ逆転負けではあるが前節の名古屋戦とは内容は明らかに異なる。
シュートの本数は恐らく今節の方多かったし、3バックも確かに機能していた。
選手たちは確実に底上げされ力が付いている。
しかし、あの後半10分頃からの崩れようは今のマリノスにまだまだ何かが足りないことを物語っている。

イチオシJリーガーは和田拓也。
イチオシクラブはセレッソ大阪。
今年は前半と後半で全く違う試合が観れるだろう。
おっしゃった通りではないですか。。
0_IMG_7811.JPG
先生、今のマリノスにいったい何が足りないのか教えて下せえ!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへmbh-banner

この記事へのコメント