【だからJ2は分からない】武者修行中のトリコロール

【だからJ2は分からない】

「こりゃもう、長崎は昇格決定的だな、北九州も行けるかもってことは、来年は九州に4回遠征か?!」
と来年の遠征計画を頭の中でたてはじめていたのはつい先日のことだったと思うのだが、長崎はこのところ勝ちなし。
かたや徳島が、ここ5試合で4勝1分とかなり好調で、気がつけば首位北九州と勝ち点差1まで詰めて長崎は既に3位に転落。
京都サンガ、アビスパ福岡なんかも上り調子で首位との差を詰め始めている。
J1リーグの順位予想もなかなか当たらないけれど、J2はもっと分からない。

クラブの力が拮抗しているというのもあるのだろうが、思わぬところで台頭してくる選手もいるし期待外れの選手もいるのだろう。
今年J1昇格をしてくるチームがどこになるんだか、予想をつけるのはまだもう少し先のことになるのかもしれない。

さて、我らがマリノスからレンタル修行している選手の中では、北九州の椿直起、町田の吉尾海夏、水戸の山田康太、そして甲府の泉澤仁は連戦によるターンオーバーはあるものの、シーズン開始直後から安定してレギュラーとして出場の機会を得ている。
昨年マリノスに加入したもののなかなか出場機会を得ることが出来なかった泉澤仁は、左サイドでレギュラーポジション、長崎相手に2ゴールを決めて首位から引きずり下ろした。
J2甲府では前への推進力を牽引しており、確実に無くてはならない存在となっている。
これがJ1でそしてマリノスで通用するかどうかは正直当方では判断がつかない。

思えば2017年の夏、出場機会を求めて甲府にレンタルで武者修行に出た高野遼は、移籍直後に怪我をしその年は8試合の出場となったが、2018年レンタル延長、レギュラーとして左サイドハーフで活躍し続け2019年マリノスに復帰。
突然の山中の移籍で左サイドバックで開幕スタメンのチャンスを得た。
前年までの山中のスピードとミドルの能力には尖った特徴があったこともあり、正直、開幕ガンバ戦の高野のプレイを見るまでマリノスで通用するのか半信半疑ではあったのだが、プレイを見てその不安は一気に吹き飛んだ。
一緒に大阪遠征した知り合いサポーターさんと「高野がこれだけ出来るなら、山中いらないよね。」とほくそ笑んだのを覚えている。
J2での修業が高野をひとまわりもふたまわりも大きくし、更にポステコグルー監督によるトレーニングと登用で今年はマリノスにとってなくてはならない存在。
とりわけ、現在の3バック布陣での左サイドハーフとしてはその能力を活かしたプレーで観客を魅了しているし小生も観ていてとっても愉快だ。

今年マリノスに移籍してきたものの出場機会に恵まれず、夏にレンタル移籍となった前孝之・山本義道も、それぞれ松本・磐田で出場機会を得ている。
過密日程の中、連戦で現在折り返し地点。
今シーズン残り半分ほどでどれだけ出場機会を得て成長できるか?
来年以降、どの選手がマリノスに戻ってきてどれだけ活躍してくれるか?
まだまだ分からないけれど、引き続きしっかり見守っていきたい。

J2・J3の試合はまだDAZN観戦のみだけど、できれば、今年1試合くらいはレンタルウォッチに行きたいなぁ。。
寒くならないうちに、甲府か松本行きたいなぁ。。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへmbh-banner

この記事へのコメント