【タカシマヤFoodies'Port2オープンによるマリノスサポーターへのインパクト】

コロナ禍、テレワーク、緊急事態宣言などなどの影響でめっきり横浜に来る機会が減ってしまっていた。
久々に横浜駅に着て観ると随分時間をかけてリニューアルをしていた駅の地下街のほとんどがオープンしている。
横浜タカシマヤの地下売り場を大幅に増床するというのは聞いていたが、JOINUS(ダイヤキッチン)とタカシマヤがシームレスに融合していて、なるほど素晴らしい光景だ。
その名もタカシマヤFoodies'Port2。
IMG_2167.JPG
サインも分かりやすくタカシマヤは黒を基調とした内装、JOINUSは白を基調とした内装なので、広い地下街でも自分がどこにいるのか迷うことはない。
IMG_2168.JPG
Foodies'Port2は、主に和洋酒と新しいスィーツを中心に展開していて、下戸で食いしん坊の小生はスィーツにフォーカス。
この辺りでは新しい店や新業態店舗の出店がとっても多くて、ウィンドウショッピングだけで目の保養になりまする。

ハンマーヘッドまで行って購入していたキャラメルラボ。
IMG_2179.JPG

鹿島への遠征の時、東京駅でバスに乗る前くらいしか購入できなかったプレスバターサンド!!
IMG_2181.JPG
などなどが出店していて、こりゃとっても楽しいぞ。

これは、マリノスサポーターにとってのインパクトは大きい。
マリノスのホームスタジアムの一つニッパツ三ツ沢球技場はサッカーを観戦するスタジアムとしては臨場感抜群の素晴らしいスタジアムである反面、近くに飲食店やテイクアウトができる店が少ないのがネック。

タカシマヤ地下街は横浜駅西口側、三ツ沢公園行きのバス乗り場が近い場所まで増床されたことで、レアなスィーツを手軽にテイクアウトし、スタジアムに持っていくことができるようになった。
さらに、今回のリニューアルで、食品売り場の奥にある総菜コーナーまで一直線に迷わず行けるようになり、スタジアムに持っていくお弁当のバラエティも増える。
IMG_2180.JPG
食いしん坊サポーターにとっては良いことだらけではないか。
今年はルヴァンカップもあることだし、三ツ沢での試合も増える計算、三ツ沢で試合とグルメの両方がしっかり楽しめる!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ mbh-banner

この記事へのコメント