2021富士ゼロックススーパーカップ【川崎vsガンバ大阪戦観戦記by日テレ】強敵を視察

<強敵を視察>

埼玉スタジアム2002で開催の今年のゼロックススーパーカップ
来週の開幕に向けて、対戦相手の川崎をテレビで視察。

三苫はどっか海外に移籍したものと思っていたのだが、今年も川崎にいるのかぁ。。
昨年の試合でずいぶん苦しめられたせいか、対戦相手としてはすごく嫌な印象しかない。
試合開始同時にホールをしっかり握りリズムを作って、ゴールを脅かす川崎、今年も強いわ~。
前半10分までのチャンスを川崎が決めていたら、その時点で一気に試合が決まっていたかもしれない。
ガンバ大阪は守護神の東口が大いに奮闘ししくぃ開始早々の2本目のシュート東口のビッグセーブで何とかしのいだことで、ガンバが徐々にペースをつかみ始める。
この強い川崎を相手に自分達のペースで闘うことができる時間をガンバは何回かつかんでおり、”善戦している”という印象。
しかし三苫の優れたプレーは今年も健在で、前半の2ゴールはいずれも三苫によるもの。

ほんの少しの隙が、勝敗を分けるレベルの高い試合、ガンバは後半わずかなチャンスで成果を出し、東口もゴールを割らせず2-2まで持ち込み、第3者的に見る小生としてはとっても面白い展開。
後半45分、宮本監督は、守り切る戦法をとった。
スーパーカップの場合はドローのまま後半が終わると、PK対決となるわけでサッカーとは異なる楽しみ方が待っている。
こりゃ、今年もPK戦が見れるぞ。という期待を小林悠が後半終了間際にぶち壊された。
3-2
お手本のような美しいゴールで、川崎がスーパーカップを制した。

シーズン開始の一週間前にここまでの仕上がりとは、ここ数年の間に川崎の強さに磨きがかかっている。
王者の貫禄を感じる勝利、ガンバのサポーターでもないのになんかとっても悔しいぞ。
昨年のような独走状態になってしまうと、J1リーグ面白くなくなるじゃんかー。

トリコロールの戦士たちよ、この金曜日の開幕、川崎にぎゃふんと言わしておくんなまし!
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへmbh-banner

この記事へのコメント