【香取神宮で必勝祈願してみたが。】アウェイ鹿島戦プチ観光

<香取神宮で必勝祈願してみたが。>

鹿島遠征を始めたばかりの頃、必ず鹿島神宮に立ち寄り必勝祈願をしたものだ。
なんとかマリノスを勝たせて欲しい!と強い気持ちで祈願したが、全く効果がない。
数年たってふと気付く。

当たり前だ。
鹿島アントラーズの守護神にマリノスサポーターが必勝祈願をして勝たせてもらえるわけがない。
俺ってバカ??
何でこんな当たり前のことに気づかなかったのか?
それ以降鹿島神宮に立ち寄ることをピタリとやめた。
鹿島神宮だけではない。
遠征で行く先々の神様に必勝祈願をやめることで今まで勝てなかったチームから勝利を奪うことを経験してきた。
それでも、鹿島だけにはアウェイで一度も勝てない。
勝利への執念が極めて強い鹿島スピリッツは武甕槌大神の猛々しい威光に支えられているようだ。

川崎との差を少しでも縮めたい。
今年こそ敵地で勝点3を奪いたい。
そんなことを思いながら武甕槌大神の記録を紐解いた。
すると日本書紀では武甕槌大神、つまり鹿島の神は葦原中国平定においてあくまで香取の神の従者であったという。
これは面白い。
気分はもう磯田准教授である。
事実が古事記なのか日本書紀なのかはわからない。
いずれも全く正しいということは無いだろう。

いずれにせよ、茨城の鹿島と千葉の香取、地元の神ではないし何と言っても鹿島と並ぶ日本の二大武神のひとつである。
ゲン担ぎをして効果もあり得ると、今節は香取神宮に立ち寄り久々に必勝祈願をすることに。
IMG_4507.JPG
香取神宮へはJR香取駅からおよそ徒歩30分足らず。
田畑を横目に歩くと鳥居と表参道が見えてくる。
そして香取名物の草団子の店が軒を連ねる。
IMG_4520.JPG
参道に入ると、鹿島神宮の鬱蒼とした暗さとは対照的に広々とした参道を新録のの紅葉が明るく参拝者を包む。
IMG_4522.JPG
これは秋の試合ならば紅葉狩りも良さそうだ。
ただ檜皮葺の本殿は極めて荘厳で、美しく鹿島に並ぶ武神を祀る社らしく威風がある。
IMG_4530.JPG
自分勝手でうがってはいるが、鹿島神宮よりも香取神宮への印象はかなり良い。

お願い、マリノスを何とか勝たせてください!!
正月の東郷神社以来の参拝、賽銭箱にお金をいれるのも正月以来。

ずっと勝ててねえんだから縋れるものがあれば何にだって縋るさ。

しかし結果は3-5の敗退。
確かに今までにない展開ではあったが。。
神様、小生はこの結果をどう受け止めればいいんですかい??

この記事へのコメント