【2021J2リーグ山口vs山形戦観戦記byDAZN見逃し配信】アベック敗退

<アベック敗退>

27節山口vs山形戦は、マリノスvs鹿島の試合時刻と同じだったので、結果を見ずに、翌日見逃し配信で観戦。

若きプリンス山田康太はベンチスタート。
解説の中島浩司は、ちょっと驚きと言ってみたり、サブからのスタートなのでと言ったりしていたけれど、クラモフスキー監督の想定は解説の中島さんの想定とはちょっと違っていると思う。
いや、レストでしょ。
恐らく
連戦でずっと出場していることもあり、康太を休ませたい。
山田康太と同じような自由なプレイができる選手として、コンビネーションを実戦でテストしたい。
相手が疲れてきたあたりで、康太を効果的に出し違いを見せる。
というところだろう。

実際に、山田康太は52分から途中出場することにより攻撃のテンポを上げて違いをみせ、山口を苦しめた。
しかし数少ないチャンスをものにし、山形の攻撃に耐え抜いた山口は2-1でこの試合をものにした。
クラモフスキー監督就任後初の敗退。
まさに、同じ時間に鹿島と闘っていたマリノスの試合と同じ展開だった。

山口の監督は元ベガルタ仙台監督の渡辺晋で、現実的な戦い方でチームを勝たせるタイプ、山形のクラモフスキー監督は理想形を追い求めて進化を目指すタイプ。
このコントラストはポステコグルーがマリノスの監督に着任してからずいぶん見てきたわけで、理想を追い求める監督のサッカーが対策を打って勝ちを獲りにくるチームを粉砕する展開を痛快に感じることも増えた。
自分たちのサッカーを曲げることなく進化させていくブレない姿勢が真の強さを引き出し、更にチームを進化させていく。
そんな本来あるべき闘い方をしていても、勝負には負けることはあるのだと、改めて思った。

今節のマリノスと山形の失点には通じるものがあったと思う。
ネガティブトランジションの遅れだ。
連戦からの疲れによるものかもしれないし、コンディションの問題かもしれない。
今節、いずれのチームもいつもよりほんの少し、守備への切り替えが遅かったが、これが大きな命取りとなり失点につながった。

J1優勝、J1昇格と明確な目標に向かって、同じアプローチで突き進むクラブがともに躓いた夜ではあったが、このまま立ち止まることはなかろうと信じている。

これからマリノスの試合感覚も減ることだし、時間とコロナの様子を見て今年中に山形には行ってみたい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへmbh-banner

この記事へのコメント