【2021J1リーグ第28節アウェイvs広島戦観戦記byDAZN】土肥の負傷が潮目を変えたのか?

<土肥の負傷が潮目を変えたのか?>

ここ数試合好調な広島との戦いは決して簡単な戦いにならないのは分かっていたが3-1とは言え勝ちを拾った試合だったかもしれない。

広島のハイネルは前週の反則で出場停止、変わって土肥がスタメンに入る。
スタイルを変えないマリノスに対して、前半最初から広島は前から強いプレスをかけ、自由にプレーをさせない。
広島の陣営は極めてコンパクトな体制で、選手間の距離がどうしても近くなる。
相手土肥の絶妙なパスから生まれたチャンスをドウグラスヴィエイラが決めきって先制をしたのは広島だった。
その後もマリノスが自分たちのサッカーをやりきれないまま進んだところで、土肥とレオ・セアラの接触プレー。

「福島さん、ボールじゃないから!!」を連呼する城福監督の大声がスタジアムのみならず、DAZNで観る我々にもよく聞こえる。
このプレーの審判団のジャッジについては、恐らくJリーグジャッジリプレイで取り上げられるであろうからそこに任せるとして、少なくともレオ・セアラが悪意を持って土肥を潰しに行ったわけではない。
まあ、そもそもレオは極めて純粋でそういうタイプの選手ではないことは彼のプレーを観ていてわかるし、ふわりとスペースに浮いたボールに対してレオ・セアラはウォッチャーになりながら突っ込んだ。
真横から入ってきた土肥は視野には入らなかっただろう。
外から見ている我々は、レオがアフターで入っているのは明確に分かるが、本人にその意識さえなかったのではと見える。
かたや城福監督の怒りは当然で、同じことをマリノスの選手が他のチームにやられていたら、小生だって怒っていたんじゃないかな。

うつむき涙をこぼしながらピッチを降りる土肥と未だ怒りが収まらない城福監督を観ていて、小生がレオ・セアラの立場であればその後同じメンタルで試合を続けて入れていなかっただろう。

土肥の交代後マリノスは徐々に自分たちのテンポを取り戻し、後半は完全にマリノスが自分たちのサッカーを続け結果は3-1の逆転勝利。

では土肥が交代したことで、広島の戦力が落ちたのか?(恐らくそう見ている人も多いかもしれないけれど)それはないと思っている。
疲れも手伝って流動的に動き続けるマリノスの選手に徐々についていけなくなり、従来守備を固め攻撃をフォワードにゆだねるスタイルの広島の選手たちは中途半端な状態に陥った。
結果、選手間の良い距離を確保できなくなり、マリノスが欲しいスペースが生まれていったように見える。

ただ、後半マリノスは自由なプレーを気持ちよくやってはいたが”崩し切ったゴール”を奪うことはできず、實藤とレオ・セアラのスーパーゴールで広島を制した。
城福監督の怒りにビビることなく、しっかりフリーキックを決めきるレオ・セアラ(プロなら当たり前なんでしょうが)の図太いメンタルには脱帽。
広島もチャンスが無かったわけではなく、ほんの少しシュートの精度が足りなかっただけだ。

つまり運が良かった部分が大きい。
(勿論、サポーターとしては、實藤とレオ・セアラのスーパーゴールにはとってもしびれてるんだけど。)

今節のマリノスの出来は決して良くはなかったが、土肥のアクシデントが無かったとしても、この結果は大きく変わらなかったんではなかったんじゃなかったのかな?とは思っている。

いずれにせよ広島土肥選手の怪我が大事ではなく、早く試合に復帰してくれることを願っています。

次節は名古屋、むつかしい闘いが続く。
マリノスも修正はしっかりしていかないといけない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへmbh-banner

この記事へのコメント