【今年もアウェイFC横浜戦には行かないけれど。】

【今年もアウェイFC横浜戦には行かないけれど。】

小生にとってニッパツ三ツ沢球技場には二つの顔がある。
マリノスのホームゲームを開催するホームという顔、そして横浜FCがホームゲームを開催するアウェイという顔の二つだ。
ちなみに横浜FC主催のアウェイゲームはあくまでJ2の試合観戦であって、松本山雅や、イッペイシノヅカがいた頃の大宮などを応援にメインスタンドからの観戦に行ったことはあるものの、マリノスがアウェイで対戦する試合は未だ一度も行ったことがない。
IMG_7134.JPG
そもそもJ1の横浜ダービーのアウェイの試合であの狭いビジター席を確保すること自体が至難の技でチケットが獲れない諦め感が理由なわけだが、コロナ禍も手伝い今年は最初から諦めていた。

もちろん、マリノスの選手達がゴールを決める姿、横浜FCから勝利を奪う姿をを目の前で見たいけれど、J1の横浜ダービーをニッパツ三ツ沢球技場でとなるとチケットの確保はビジター側は厳しすぎる。
そのキャパシティを考えると(日産スタジアムを使うことはなかろうが)新国立競技場や味の素スタジアムで開催しても良い気がするゲームだと思うのだが。

ホームタウン、ホームスタジアムで開催されるアウェイゲーム、今年はコロナの影響でビジター席はないけれど、最初からリモート観戦を想定していたのでさほどガッカリ感はない。
下平監督が解任され、夏は積極補強をして残留を目指す横浜FCだが、残留圏とは勝ち点差9で現在最下位。
このあたりで違いをしっかり指し示そう。

俺たちがYOKOHAMA。
来年はこの違和感のあるカードはきっとない。
IMG_4986.JPG
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへmbh-banner

この記事へのコメント