【2021J1リーグ第32節ホームvs札幌戦観戦記】大逆転劇PART Ⅱ

<大逆転劇PARTⅡ>

J1リーグにすっかり定着した感のある札幌、ペトロビッチ監督の采配はクレバーで今のコンサドーレ札幌をJ1に定着させたのは彼の大きな功績だろう。
相手の良いところを消すのではなくお互いに良いところを出し合い優劣をつける対戦となりどの試合も見応えがある。

久しぶりのホームゲーム、日産スタジアム今年最後のナイトゲーム。
トリコロールギャラクシーも今節が見納めだ。
IMG_8424.JPG
試合前に仲川と天野純のセレブレーション。
あまじゅんの奥様はお綺麗だわ、ジュニアは奥様とあまじゅんの良いとこどりした感じだわ、羨ましい。
それにしてもヒヤヒヤする試合だった。
札幌には一体全体何本のコーナーキックを与えただろう。
逆にいうとそれだけ押し込まれる展開だったということを示している。
これほどコーナーキックを与えてしまうと1点くらいは取られて当然なわけだが、不意打ちのようなショートコーナーからの菅のゴラッソは、コンサドーレサポーターの歓喜が一瞬遅れるほど。
IMG_8454.JPG
マリノス守備陣も明らかに準備が遅れた隙を突かれた印象だが、札幌はこの日の為に準備してたのだろうなぁ。

その後も札幌のペースで試合は続く。
後ろからの繋ぎのコースやフリックは明らかに狙われており
マリノスは中盤でボールを奪われピンチを招く。
なんとかチャンスを作っても前線でマリノスのリズムになりきってないからバランスが悪く決めきれない。
この繰り返しで相手に奪われたゴールが菅のゴラッソだけだったことこそがこの試合の大きな勝因だったかも知れない。

マリノスのリズムを作れるようになったのは後半も70分を過ぎたあたりからか。
札幌の1-0で逃げ切りを狙うプレーが見え隠れし始めた矢先だった。
イエローをもらったマルコスジュニオールから天野純にスィッチする事で中盤が安定し、杉本とエウベルが入ることで左翼の推進力がアップする。

海外から戻って以降、あまじゅんはボールロストが大きく減りファールを取らないと奪えない選手になったなぁと思ってはいたがこの試合でその特徴が冴えた。

とりわけ、逆転ゴールのアシストは秀逸でまるでボールが足に吸い付いたかのような剥がしからの大然へのパスで全てが決まった。

これほど歓喜と熱気に包まれた日産スタジアムのホームスタンドの空気を味わったのはいつぶりだっけ。
IMG_8475.JPG
試合終盤の劇的逆転は、今年アウェイ札幌戦のデジャヴのようで札幌のメンタルに打撃を与えたに違いなく、札幌は自ら作り出した6分という長いアディッショナルタイムを効果的に使えないまま主審の笛が鳴る。

気持ち良すぎるマリノスの勝利。
スタンドは笑顔でいっぱいになった。
マネーフォワードMOMが天野純ってあたり、スポンサーさん、よくわかってらっしゃる。
家族の前でかっこいいとこ見せたねぇ。
IMG_8503.JPG

明日はトリコロールフェスタだというのに、BS1の録画を見直してDAZNの見逃し配信も見直して、クロストチャンネルも見なきゃで大忙しではないか!
こりゃ少しでも早く帰らなきゃ。
おっと、JRの駅員さんもギャラクシー、ありがとうございます!!
IMG_8506.JPG

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへmbh-banner

この記事へのコメント