【豊橋ステーションホテルに宿泊した話】

【豊橋ステーションホテルに宿泊した話】

名古屋遠征で試合後少しでも関東に近づいておきたいならば豊橋界隈での宿泊となる。
というわけで、豊橋の格安ホテル豊橋ステーションホテルにチェックイン。
写真 2022-12-23 14 48 04.jpg
ステーションホテルというから駅のすぐ近くにあるかと思ったが、実際には徒歩で5分10分ほどかかり、それは想定していたが、昭和の作り。
カードキーでもないし、調度品は年季が入っているし、部屋のコンセント数も少ないけれど、清掃は行き届いているしホテルスタッフも丁寧でフレンドリーで、これがとっても居心地が良い。
写真 2022-12-23 14 59 04.jpg
フロントの人と談笑するお客様が意外と多いのだがそんな光景はなかなか他のビジネスホテルでは見ることがない。

チェックイン時のコーヒーサービス、18時からはドリンクサービスに加えて、皿数限定ではあるけれど夜はカレーライスのサービスまであって、ロビーのベンチでカレーライスをほおばるお客様も多数。
相応のボリュームなので、これ一皿で夕食は十分って人もいるかもしれない。
写真 2022-12-23 19 34 53.jpg
部屋のテレビはHDMIケーブルを使ってPCのディスプレイとして利用可能なので、DAZNで試合の復習もできますよ。
写真 2022-12-23 21 10 42.jpg
朝食は手作り感満載の和風家庭料理をビュッフェ形式でいただける。
写真 2022-12-24 7 01 40.jpg
昭和なホテルの朝ごはんはビュッフェでありながら定番メニュー以外にもとっても懐かしいおふくろの味のおかずが6種類ほど、これが従業員の皆さんが作り出すほんわか温かい雰囲気が朝ごはんにも表れているようで美味しくてホッとする。
写真 2022-12-24 7 08 06.jpg
到着時外観で感じた最初の印象からは想定できない満足な一泊であった。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ mbh-banner

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック