【大黒庵@平塚 蕎麦屋の拉麺】アウェイ湘南戦 試合前の至福の一杯

平塚駅を降りてすぐ。路地を少し入ったところに蕎麦屋大黒庵はある。 外観も内観もどこから見ても街の蕎麦屋。しかし、人気メニューはラーメンだそうな。しかも昔から。テレビ番組モヤモヤさまぁずでやっていたので、興味本位で入店。トッピングはチャーシュー一枚、メンマ、ナルトといたってシンプルだが、 確かにこれは現在ではオリジナリティの高いラーメンである。 その特徴は麺とスープにある。特殊な機械で作ってい…

続きを読む

【横浜家 南幸店】ホームタウン試合前後の至福の一杯

ニッパツ三ツ沢球場を徒歩で横浜方面に下ってくると最初に見えてくるラーメン屋なので試合終了後にちょっと一杯ってときにこの店はとっても都合が良い。 吉村家がはすかいに、ゴル麺が右隣にあるにはあるが、吉村家ほど混んでおらず、ゴル麺ほどお値段が高くない。赤い看板が、目立つのだろうか?試合後にちょっと一杯食って帰ろうと思う横浜マリノスサポーターも結構多いという印象。 横浜家系なのだけど、横浜屋は他…

続きを読む

【屯ちん池袋本店】試合前後の至福の一杯

横浜から池袋までFライナーで一本。便利になったもんだ。てことで、試合終了後スタジアムから “地元近くの都会”にあたる池袋駅周辺まで帰ってしまうこともあり、「池袋着いた〜」とカミさんにメールしてまれに「食べて帰ってきて」と返信があると試合後の至福の一杯は池袋界隈でということになる。全然横浜じゃないけどブログに残したいと思ったラーメン屋がこの屯ちん。今回は魚豚ラーメンを選択。710円で大盛選定ができ…

続きを読む

【極楽汁麺 らすた】ホームタウン試合前後の至福の一杯

むかーし昔、日吉に引っ越した頃初めて頂いたらすた麺は相当な衝撃だった。毎年ほんの少しずつ店が入れ替わって行くこの商店街でらすたは相変わらず学生から愛され営業を続けている。らすた麺は870円。ライスは大 中 小を選択出来て無料で付いてくる。横浜家系のラーメンなのだが、スープにはなんだかうまく言えない独自性があり中毒になりそう。テーブルには生姜、豆板醤、ニンニクが置かれていてたべ進めながらこれら…

続きを読む

【福楼@中華街のパイコー麺】試合前後の至福の一杯

横浜中華街の裏路地に構える店でふくろうと読む。 小さな扉を開けると店内は意外に広く赤を基調とした快適な異空間。 店内にフクロウが本当にいる。お冷はセルフサービスで。 こちらの店は特に麺類が美味しく試合前後の至福の一杯をどれにするか迷うことも。個人的にはパイコー麺がおススメ。麺は細めの縮れ麺。スープはシンプルな醤油味なのだが、強めの味付けに薄めの衣をつけてカリッカリにあげた豚の肋肉の主張…

続きを読む