【ラーメン屋けんの辛味噌ネギトッピング】アウェイ川崎戦試合前後の至福の一杯

【ラーメン屋けんの辛味噌ネギトッピング】 武蔵小杉でラーメンといえば小生の中ではダントツで丸仙となるのだが、行列が長いとなるともう少し元住吉方面まで戻ってラーメン屋けんを選択する。元々は横浜にあった店がアウェイに移転。横浜家系ラーメンだが、スープは塩、醤油、味噌が揃っていてとりわけこの店でいただくならば辛味噌がお気に入り。 辛味噌(中)は一杯780円、追加のトッピングは100円。キャベツやネ…

続きを読む

【㐂輪のラーメン大盛】アウェイ川崎戦試合前後の至福の一杯

【㐂輪のラーメン大盛】<新丸子> 横浜家系のラーメンは横浜でしか食べれないわけではない。基本的に横浜の街中には有名な家系のラーメン屋が多数あるのは事実で、そもそも家系の発祥も横浜ではあるものの放物線状に店舗は増え小生の自宅の近所にも家系ラーメンの店はいくつかある。しかし都内で美味い家系のラーメン店に出会う確率は極めて低いというのが事実。電車での移動時間で言えば、家系の中心地からたった1時間かそ…

続きを読む

【山本屋食堂の肉うどん】鳥栖遠征試合翌日の至福の一杯

【山本屋食堂の肉うどん】<熊本 藤崎宮前> アウェイ鳥栖戦翌日、熊本城まで足を伸ばした後、城下を歩いていて見つけた街の食堂山本屋は創業明治10年の老舗、所謂百年食堂というやつだ。メニューはお弁当や蕎麦、うどん、丼など和食を取り揃えていて座敷もあるが、コストパフォーマンスの高い大衆食で地元の人たちの胃袋を満たしている。 肉うどんは一杯650円。隣のテーブルでお客様さんが食べている鯖…

続きを読む

【松屋うどんのきつね】セレッソ遠征、試合前後の至福の一杯

【松屋うどんのきつね】<大阪なんば> 関西生まれ関西育ちに小生、大阪なんばを通る折には是非立ち寄りたいのがうどんの松屋。大阪には数多く存在する昔ながらの立ち食いのうどん屋の雄である。大阪の立ち食いうどん屋は未だ数あれど小生が若い頃に比べるとこの手の店は随分減ってしまったし、庶民の味を提供してくれる名店は更に減ってしまったが、松屋うどんに関してはこの大阪の一等地に店を構えながら、安くて早くて美味…

続きを読む

【鶏豚骨 一學のトリトンそば】国立競技場 試合後の至福の一杯

【鶏豚骨 一學のトリトンそば】<四谷三丁目> 四谷三丁目界隈には美味いラーメン屋が軒を連ね、国立競技場での試合後の一杯をどこで頂くか迷ってそしまうが、必ず候補の一つに必ず入れたいのが「鶏豚骨 一學」。この店自慢の鶏豚骨スープと叉焼のこだわりには信念を感じる。鶏豚そばは一杯780円、間違いなくここでしか食えない一杯だ。この逸品、鶏豚カプチーノの異名を自ら名乗るスープはその香りからして素晴らしい。…

続きを読む