【本丸亭の塩ラーメン】試合前後の至福の一杯

本丸亭の本店は厚木にあるが、横浜駅西口改札から徒歩5分ほどのところに鶴谷町店があり、ニッパツ三ツ沢球技場や日産スタジアムの帰りに立ち寄るにはこちらが便利。
IMG_4049 (2).JPG

夕刻の開店は17:00からだが、開店前にはすでに列が出来ていて、開店して数分後には満席になる。
看板メニューの塩ラーメンは840円。

IMG_4052 (2).JPG

丼の底まで見える透き通ったスープに春菊、焼豚、雲呑が浸かったシンプルな構成。
春菊をスープにしっかり浸して香りを楽しみながら平打ち麺をすする。
麺はシコシコでサッパリ薄めの塩スープとの絡みが良い感じ。
焼豚は、脂身多目だが、これもスープとのバランスを鑑みてのことだと思われ決して脂っこくもしつこくも無い。
それぞれの素材が活きた使い方で丁寧に調理されたハイスペックな逸品。
自家製チャーシューがとても重要なアクセント。

お値段は若干高めだが、それでも、試合後疲れた身体を癒してくれる優しい味である。

店名 本丸亭 鶴屋町店
住所 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1-7-21 タクエー横浜西口第三ビル 1F
営業時間 昼の部 11:00~15:00(L.O. 14:50) 夜の部 17:00~24:00(L.O. 23:50) [日・月祝] 夜の部 17:00~23:00(L.O. 22:50) 月曜定休

"【本丸亭の塩ラーメン】試合前後の至福の一杯"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。