2019J1リーグ第31節ホーム札幌戦観戦記【俺たちの本物サッカー】

2019J1リーグ第31節ホーム札幌戦観戦記【俺たちの本物サッカー】
000IMG_8952.JPG

今年最後の三ツ沢での対戦相手はペトロヴィッチ監督率いるコンサドーレ札幌北海道。
いやー数年前と比べると札幌は強くなったもんでとりわけ今年は札幌に勝った覚えがない。
反面、三ツ沢開催のJ1リーグの試合は今年負けた覚えがないので、三ツ沢最後の試合は有終の美を飾りたい。
000IMG_9036.JPG

マリノスのポステコグルー監督が頑なに自分達のサッカーを磨き上げ成長させていくタイプであれば、ペトロヴィッチ監督は試合毎に相手を分析して戦略を立ててくる。
これがハマってしまうと前半戦のようにミゼラブルな結果となってしまうのよね。
札幌の選手達が凄いのは、この戦略を見事にこなしてしまうところ。
今節はワントップにジェイで来るんじゃないかと思っていたけれどこれがビンゴ。
3-4-2-1のジェイワントップ2シャドー、そして前半戦フリーキックで見事にやられた福森健在。
マリノスの急所を突くような布陣だわ。
兎に角コーナーキックとフリーキックが恐ろしい。。

ボールの奪い合いが激しくなるであろう中、いかに自分達のサッカーで制するかってことになるんだろうとは思っていたが、よもや前半5分でマリノスが2点を先制するとは流石に予想しなかった。
これは大きいわ。
000IMG_9046エリキゴール1.JPG
1点目はエリキのハイプレスが功を奏した形だけれど、2点目はマリノスサッカーの真骨頂。
逆に相手の1点目は恐らくペトロビッチ監督の思惑通りの得点だっただろう。
福森のコーナーキックはジェイにドンピシャでこれを一度でも跳ね返した朴は褒められるべきで流石に詰めていた鈴木武蔵を止めることはできないっしょ。
嫌な流れを断ち切ったのは仲川のドリブルシュート。
2年近く前に始めたマリノスの新しいコンセプトのサッカーはパスで繋いで繋いでというものだったけど、これを進化と言うのだろうか、遠藤、仲川、マテウス等華麗なドリブルも取り入れながら進化している印象。

相手も相当対策を打ってきた。
後半早々アンデルソンロペスを投入してリズムを変える。
ポジショニングの妙というかいつもなら通るパスが通らずピンチを迎えるシーンもしばしば。
脅かされるゴールをしっかり守りつつチアゴがドリブルで駆け上がることも度々。
危うさの中に進化の希望も見出せるマリノスのサッカーだった。

000IMG_9082.JPG

試合終了の笛が鳴った瞬間、札幌の戦士達がその場に倒れこんだ。
自分達の今年の目標が消えたのか、プレイで疲労した結果かは分からなかったけど、札幌も我がマリノスの今の勢いを止めることができなかったと言うこと。
4-2。
点数的にはマリノス優位とはいえ手に汗握る試合内容でピッチの上で火花が散るのが本気で見えたかもと思える激しい試合の結果はマリノスのサッカーがペトロヴィッチ監督の戦略を上回った。

サントリーMOMはチアゴマルチンス。
そうでしょう、そうでしょう。
兎に角今年のサントリーMOMの選出は粋だわー。
000IMG_9124.JPG

チアゴを中心に選手みんなでシャシンを撮る模様に今のチームの良い雰囲気を強く感じる。

000IMG_9136.JPG

ああ、このチームで最高の場所に行きたい!


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

"2019J1リーグ第31節ホーム札幌戦観戦記【俺たちの本物サッカー】"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。