【2020J2リーグ第2節東京V vs 町田戦観戦記】パスサッカー

【2020J2リーグ第2節東京V vs 町田戦観戦記】by DAZN

マリノスサポーターの小生としてみれば、スターティングメンバーが豪華?だ。
なんとマリノスユースの出身者の多い試合か!
町田からは、レンタル中の吉尾海夏と昨年まで湘南にいた秋元陽太。
ベルディからは、佐藤優平と端戸仁。
4人もいるぞ。
加えてマリノス出身者であれば、奈良輪もいるぞ。
とっても懐かしい布陣だわ。

試合は開始直後に動く。
町田の平戸が自分で持ち込んでのゴラッソ!
素晴らしい。このシーンだけであれば、平戸はJ1リーグでも充分通用しそうなイメージを持つ。

ただ、その後はヴェルディが徐々にペースをつかみ始め、気が付けば完全にヴェルディ主導のサッカーとなっている。
パスがつながりポゼッション高いヴェルディのサッカーって素晴らしい。
基礎がしっかりできていてそのベースの上に応用が効いているイメージ。
このチームの有望株をJ1のクラブから引き抜かれちゃう構図が出来てしまうのがすごくわかる。

サイドハーフの奈良輪がとても良いアクセントになっている。
佐藤優平は、マリノス時代は今の大津のように自由に走ってボールを追い回すという印象がとても強かったのだけれど、明らかにスタイルが変わった。
役割が整理されているのか、ピッチ上のメンバーのピースとしてしっかりハマっていて重要な役割をしっかり果たしているイメージ。

町田の守備はすばらしく、ガードを作って最後はやらせてはいないけれど、マリノスと対戦するチーム同様、これは、後半疲れがでてきてしまうパターン。

少し考えた。
今年のレギュレーションであれば、交代枠は5名。
つまり、マリノスのようなボールポゼッション高く相手がつかれるサッカーであっても、5枚の交代枠を有効に使い、疲れた選手を変えることで、しんどい試合も集中力を保つって作戦も立てられるのか。
町田もそういう作戦をとってくるかもしれないなと。

後半もヴェルディのペースが続く。
チャンスを何度となく繰り返すが、町田は食い下がるし、ヴェルディのフィニッシュも精度にかける。
それにしても町田は交代枠をなかなか使わない。

結果的に終盤までヴェルディは得点を奪うことはできなかった。
町田が交代枠を使ったのが84分でしかも吉尾海夏。
まさかこのまま試合終了かと思ったのもつかの間、相手ミスによりヴェルディはPKを所得。
試合は1-1のドロー。
アディッショナルタイムについにヴェルディが追いついた。
面白かった。
町田よりもヴェルディのパスサッカーの面白さに尽きる試合だった。

マリノスのサッカーはここにスピードが加わるから更に面白いのよね。
来週のマリノスの試合がますます楽しみになってきた!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ mbh-banner

"【2020J2リーグ第2節東京V vs 町田戦観戦記】パスサッカー"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。