【康太3試合連続ゴール】武者修行中のトリコロール

【康太3試合連続ゴール】

ユースの頃から、今節の山形にレンタルとなるまで、山田康太をセンターフォワードとして使おうという監督はいなかったはずだ。
高校3年で康太がマリノスユースでキャプテンを務めた年、ユースにはいわゆる得点屋と呼ばれる選手が存在せず、明らかに得点力に欠いていた。
結果的にその年プリンスリーグへの降格という重い経験を背負うことになったが、それでも康太は常に司令塔であり、センターフォワードというポジションに着くことは無かった。

サッカーIQは高くキックは正確で、ミッドフィルダーとしてはアンカー・サイド・トップ下のどこででも力を発揮できる、よく言えばポリパレント悪く言えば器用貧乏になりかねない山田康太。
今シーズン開始直後、山形ではサイドとして起用されてはいたが、徐々に攻撃をけん引する立場となっていく。

今シーズン、優勝を目指すはずだった山形はその戦術で相手をはめることが出来ず黒星を重ね、ついに石丸監督は解任となる。
そんな中で山田康太をセンターフォワードとして採用したのは、その後指揮をとった佐藤尽のアイディアだったのだろう。

思ったように点数が取れない中で、山田康太が前から攻撃を牽引する。
攻撃のスィッチを的確に康太がいれることにより、ピータークラモフスキー監督が目指すサッカーの浸透を加速させた印象だ。

結果的にチャンスの時には、複数人の選手がボックス内になだれ込む。
数的優位に持ち込み分厚い攻撃ができる。
山田康太アゴールを決めるというシーンは決して多くはないものの、ゴールに絡む試合が増えて行った。

山形が目指すサッカーの良さをどう消すか?今節、松本を率いることになった名波監督は入念な準備をしてきた印象で、前半山形の分厚い攻撃をスポンジのように吸収し最後はやらせない。
後半山形がハードワークで疲れてきたところで攻撃のギアを上げる。
ポステコグルー監督同様、クラモフスキー監督は試合途中で戦術を変えるような対応はしないことも名波監督は織り込み済みだったのだろう。

それでも、山形は1-0で松本を制した。
康太のセンタリング崩れのゴールが決勝点となり、その後は、松本の逆襲に耐えぬいた。
最後は山田康太はピッチに座り込み立てないほどに疲れ切っていたが、今まで築いてきた守備力がここでものをいう。

とはいうものの、よもや、康太が3試合連続ゴールは出来過ぎ。
康太の活躍を見たいがためにDAZN観戦をしているマリノスサポーターには最高のご馳走ではないだろうか。
IMG_5851.JPG
おかげで、DAZNでJ2観戦のおつまみは、亀田製菓からでん六に変わってしまったぜ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへmbh-banner

"【康太3試合連続ゴール】武者修行中のトリコロール"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。